モーテ1 水葬の少女

『モーテ 水葬の少女』(縹けいか著/MF文庫J)★★★★☆

モーテ ―水葬の少女― (MF文庫J)
モーテ ―水葬の少女― (MF文庫J)

罹患した少年少女が自殺する謎の奇病モーテ。少年少女を集める謎の施設ドケオー。ミステリアスな雰囲気を持つ美しい少女と彼女の傍にいる気味の悪い男。
冒頭はあまりの謎の多さにどういう物語になっていくのか分からず、とても戸惑いました。全ての事実を知って思い返せば、あらすじと口絵に騙された気分です。
ミステリーとかサスペンスなのかな?と思う前半から一転し、視点の切り替わる中盤以降は純愛物語。悲恋か?悲恋なのか?と重苦しい気分にさせつつ、謎を明かしながら物語は進んでいきます。読むのにとても疲れました・・・・・・。
でも読んで良かったです。主人公たちのラストにホッとする、とても綺麗な物語に出会えたことに満足しました。

☆あらすじ☆
遺伝子の罠―数万人に一人が罹り、必ず十代の内に自殺へと追い込む奇病・モーテ。秘密と不穏に満ちた孤児施設・ドケオーに送られた少年・サーシャは、大人への憎しみを抱き、孤独に生活していた。そんな彼の前に、マノンという美しい少女が現れる。マノンとの仲が近づくにつれ、彼女の相談役・フォスターである気味の悪い男・ドゥドゥが、マノンを傷つけているのではないかと疑問を抱く。サーシャはマノンを助けるために、大きな決断をする。しかし、その裏には驚くべき事実が隠されていた。誰もが望まない、約束された自殺へと誘う「モーテ」が、孤児施設と彼らの背景に横たわっていて…。
絶望的に純粋な“絆”の物語―この世界に、奇跡は存在しますか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む モーテ1 水葬の少女

マージナル・オペレーション5

『マージナル・オペレーション05』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★★

マージナル・オペレーション 05 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 05 (星海社FICTIONS)

最終巻にふさわしい盛り上がりと面白さでした!
攻め込まれ、追い込まれ、マージナル(ギリギリ)なオペレーションを繰り返すアラタ。
冒頭からして鳥肌が立ちました。
そして子供たちの成長もみられ、アラタとジブリールの関係も・・・・・・。
現代(といっても少し未来か?)の戦争を描くシリーズでしたが、その本質はファンタジー。ファンタジーな世界の中で、どこか他人事のように自分を見ていたアラタが生きて悩んで苦しむ姿に目が離せなくなり、彼が常に抱き続ける疑問に一緒に頭を悩ませる物語でした。

☆あらすじ☆
アラタたちの活躍により、人民解放軍は打撃を受けた。しかし、大国としての誇りを背に、中国はミャンマー侵攻作戦を継続する…。時を同じくして、スポンサーである西側諸国から切り離されるアラタたち。さらに、ミャンマー軍すらも中国側に寝返ってしまう。そして、その四面楚歌の状況の中、国境をこえて怒涛のごとく押し寄せる人民解放軍。敵は一四万人、味方は三〇〇〇人。この劣勢な局面で、新田良太の作戦指揮が暁を呼ぶ―。
芝村裕吏が贈る英雄譚、ついにクライマックス!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む マージナル・オペレーション5