光炎のウィザード4 想いは未来永劫

『光炎のウィザード 想いは未来永劫』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

光炎のウィザード―想いは未来永劫 (角川ビーンズ文庫)
光炎のウィザード―想いは未来永劫 (角川ビーンズ文庫)

面白かったー!!
思っていたよりも早く多くの謎が明かされつつ、次回からは新章へ突入といったところでしょうか。
これまでの伏線を回収し、整理して、新たな物語が始まる予感を抱かせる巻でした。1冊で一気に動かしたなぁ、と驚くほどのすさまじい濃さでした。
登場人物たちの関係図にも変化が出てきましたし(某長髪の彼はこのままツンデレ街道を邁進するのだろうか)、続きが楽しみすぎます。

☆あらすじ☆
“学園”の暴走系美少女見習い魔術師リティーヤは、親友のミカを追って、傲慢冷酷超甘党お師匠ヤムセとともに古王国フレアバタンを訪れていた。しかし、リティーヤの持つ世界でただ一つの“昼”魔術を狙う天才女魔術師ユローナが動きだしたことから、事態は急展開。ユローナとの決着の時がついに訪れる―。ヤムセ、キツネ顔の男、ゼストガの、リティーヤへの想いの行方も見逃せない、愛と冒険のファンタジー第4弾。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 光炎のウィザード4 想いは未来永劫