フレイム王国興亡記2/疎陀陽

フレイム王国興亡記 2 (オーバーラップ文庫)
フレイム王国興亡記 2 (オーバーラップ文庫)

評価:★★★☆☆
勝手に「ラノベで学ぶ経済学」だと思っているシリーズなのですが、今回は少し小説としての起伏には乏しかった印象。大きな動きって幼妻を出張先でもらってきたくらいで、後はほとんど駆け引きと準備のお話でした。
ただ、貨幣経済や株式会社制度などの説明が相変わらずわかりやすくて、読み物としては面白かったですけどね。あと、1巻よりも主人公に人間味を感じたのは良かったです。幼妻もらっちゃった!

☆あらすじ☆
普通の『銀行員』が挑む次なる相手は強国の『絶対覇王』!
テラの改革を成功させ、さらに発展させるべく奔走していた浩太の元に商業国家『ソルバニア』の王・カルロス1世より、招待状が届けられた。辣腕と名高いカルロス1世と対面を果たした浩太は、王が次々に切ってくる交渉カードに翻弄されてしまう。
ニセ札、大国の信用力、そして幼女! ?
強国『ソルバニア』の圧倒的パワーを前に、『テラ』の命運を駆けた浩太の決死の交渉が始まる――。
「さあ、コータ。泣いて――縋りつきや?」
普通の『銀行員』浩太が挑むテラ再建計画はまだまだ道半ば。一難去ってはまた一難で一筋縄ではいかない!
未来への希望と決意が紡ぐ物語、第二幕。――『運命』は覚悟ある者にこそ微笑む。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む フレイム王国興亡記2/疎陀陽