ラエティティア覇竜戦記1 神王のゲーム

『ラエティティア覇竜戦記 神王のゲーム』(すえばしけん著/HJ文庫)★★★★☆

ラエティティア覇竜戦記 (HJ文庫)
ラエティティア覇竜戦記 (HJ文庫)

国家間の戦争においてリーダーシップをとるべき「神王」がなぜか不在の国で、偽物の神王を名乗る男が現れる。果たして彼はただのペテン師なのか?それとも・・・?という話。偽神王トウヤの目的や人物像が徐々にわかってくると、物語は一気に面白くなっていきます。
ファンタジー要素の強い戦記ものです。今回は世界観、設定、状況の説明といった感じではあったものの、終盤にかけての展開はとても熱かったです!なにより伏線の回収が素晴らしかった!
おすすめ!おすすめですよ!

☆あらすじ☆
国の命運を賭けた一世一代の勝負が始まる!
戦乱期、天から各国に遣わされ人々を導くとされる伝説の聖人『神王』。ラウルス国の若き女祭司長ラシェルは、隣国の侵攻が迫る中、なぜか自国にだけ神王が姿を現さず途方に暮れていた。
そこへ従者の少女を連れた流れ者が訪ねて来る。トウヤと名乗るその青年は、「俺様が神王を演じてやる」と大胆にも神王の替え玉となることを買って出るのだが……!?
気鋭・すえばし けんが放つ知謀系異世界ファンタジー戦記!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ラエティティア覇竜戦記1 神王のゲーム