なりゆき斎王の入内2 その正体、さらにも言わず


『なりゆき斎王の入内 〜その正体、さらにも言わず〜』(小田菜摘著/ビーズログ文庫)★★★★☆

なりゆき斎王の入内 ~その正体、さらにも言わず~ (ビーズログ文庫)
なりゆき斎王の入内 ~その正体、さらにも言わず~ (ビーズログ文庫)

じれったい!だがそれがイイ!!(・∀・)
前回はなりゆきで斎王になったものの東宮妃候補として宮廷に戻った姫が、協力者である男の正体を知らないまま陰謀事件の謎を追うという話だったのですが、今回は正体を隠しっぱなしだったヒーローが悶絶する話でした。何か違う。東宮出生の秘密にまつわる騒動でした。
ヒーローもたいがい不憫な人なんですが、今回は余計なお世話をする人ばかり出てきてさらに可哀想なことになっていました。みんな男の純情をからかいすぎだよw
今回はふたりのすれ違いを楽しむのがメインで陰謀要素は薄めです。新キャラのおばさまが最高に楽しかった。あと凪かすみさんのイラストが神レベルの素晴らしさでした。

☆あらすじ☆
間もなく東宮が帰京する。なりゆきで東宮妃候補となった塔子(とうこ)は、故郷に帰るためにも入内を阻止したい。けれど呪詛事件の折に出会った暁少尉(あかつきのしょうじょう)がいるならば、都でも頑張れると思い始めていた。
そんな中「東宮は帝の本当の御子ではない」という噂が!! 暁に真偽を訊こうにも彼の様子もどこかおかしい。さらに塔子は、東宮の義母・縋子(すがこ)から呼び出されて……。ついに東宮と顔合せ!? 話題騒然第二宴!

以下、ネタバレありの感想です。

 

東宮の父親は今上帝ではない!?
という疑惑から始まる第2巻。帝ではなく、祖父であるはずの法王が実は父親だというなんとも言えない噂なのですが、 誰も否定しないからほぼ確定事実なのか。母親が魔性の女すぎる・・・・・・

 

今回はそんな噂を発端に東宮出生秘話にまつわる譲位騒動をメインにすえて、気弱すぎる帝とそんな彼に反発を感じる東宮のすれ違い、 正体を隠したままの暁と塔子のすれ違いが描かれていきます。

 

父と息子のすれ違いはまぁしょうがない・・・・・・のか?母と祖父と父というただひたすらに迷惑な三角関係に巻き込まれた暁が可哀想でした。降ってわいた譲位騒動にイライラするだけでなく、周囲は手助けという名の茶々ばっかり入れてくるしねw
東宮の義理の母であり実の叔母である縋子が登場しましたが、 縋子も法王も東宮の男色疑惑を否定してあげようよ!不憫(´;ω;`)

 

一方で想い人の塔子については悶々とした悩みを抱える始末。 塔子の叔父への想いを悲しい気持ちで眺めつつ、彼女の幸せのために東宮妃として迎えないと決意する暁。ああ焦れったい・・・・・・ピュアボーイめ・・・・・・
結局、暁の正体が東宮であることをラストで塔子に明かすのですが、塔子への想いは彼の中でどうすることにしたのか。ネックは叔父さまの存在だもんなー

 

そして主人公の塔子のほうも東宮妃にはならないという想いは変わらないものの、それはイコール熊野に帰りたいということではないことを自覚。暁への想いまで自覚したかどうかはハッキリ書かれていませんが、それもまた焦れったい。 東宮=暁であることを知ってもなお東宮妃になることを拒むのか。

 

そういえば、今回(よくわからないけど)左近衛大将が塔子に求婚していましたが、彼を出したかっただけだろ?って思うくらい当て馬にすらなっていませんでした。塔子と暁のすれ違い促進剤だったとしても、もうちょっとここはどうにかならなかったのかなぁ。

 

かなりいいところで次巻に続く!となってしまいました。次は熊野らしいです。叔父さま再登場か。そもそも三角関係が成り立っているのかよくわからないのですが(塔子の叔父への想いは恋愛感情ではないわけだし) 、暁に踏ん切りをつけさせるために縋子が企んだってとこかな?

 

あと、譲位問題は縋子が中継ぎとして女帝に立ったことで解決しましたが、ここからどうやってシリーズ続けるんでしょう。東宮と東宮妃の宮廷事件簿をやってほしいな。あとがきに何も書いてなかったから、3巻完結はないと思いたい。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。