なりゆき斎王の入内2 その正体、さらにも言わず

『なりゆき斎王の入内 〜その正体、さらにも言わず〜』(小田菜摘著/ビーズログ文庫)★★★★☆

なりゆき斎王の入内 ~その正体、さらにも言わず~ (ビーズログ文庫)
なりゆき斎王の入内 ~その正体、さらにも言わず~ (ビーズログ文庫)

じれったい!だがそれがイイ!!(・∀・)
前回はなりゆきで斎王になったものの東宮妃候補として宮廷に戻った姫が、協力者である男の正体を知らないまま陰謀事件の謎を追うという話だったのですが、今回は正体を隠しっぱなしだったヒーローが悶絶する話でした。何か違う。東宮出生の秘密にまつわる騒動でした。
ヒーローもたいがい不憫な人なんですが、今回は余計なお世話をする人ばかり出てきてさらに可哀想なことになっていました。みんな男の純情をからかいすぎだよw
今回はふたりのすれ違いを楽しむのがメインで陰謀要素は薄めです。新キャラのおばさまが最高に楽しかった。あと凪かすみさんのイラストが神レベルの素晴らしさでした。

☆あらすじ☆
間もなく東宮が帰京する。なりゆきで東宮妃候補となった塔子(とうこ)は、故郷に帰るためにも入内を阻止したい。けれど呪詛事件の折に出会った暁少尉(あかつきのしょうじょう)がいるならば、都でも頑張れると思い始めていた。
そんな中「東宮は帝の本当の御子ではない」という噂が!! 暁に真偽を訊こうにも彼の様子もどこかおかしい。さらに塔子は、東宮の義母・縋子(すがこ)から呼び出されて……。ついに東宮と顔合せ!? 話題騒然第二宴!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む なりゆき斎王の入内2 その正体、さらにも言わず