流血王の初恋


『流血王の初恋』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★★☆

流血王の初恋 (ルルル文庫)
流血王の初恋 (ルルル文庫)

とても良いラブストーリーでした。
「流血王」と呼ばれる王様のもとに嫁いでみたら、待っていたのは「思春期かよ!」と突っ込みたくなるような純情青年。
そんな彼に対する周囲のイメージを一新させるためにイチャイチャするお話なわけですが、ヒロインのトラウマが絡むことで思いがけず最後は感動してしまいました。
そして糖度がやばい。あらすじの「200%」に偽りなしです。これは砂糖吐くわー

☆あらすじ☆
畑仕事をして暮らす没落王女のユーラが命じられた“流血王”カエルムとの政略結婚。冷酷と恐れられるカエルムの不機嫌な態度におののくユーラだったが、夫に怯えてちゃ幸せになれない!と、農作業で鍛えたド根性でカエルムを観察することに。彼の強引な態度にはワケがあると気づいたユーラは、彼の極悪イメージを変える「婚前イチャラブ作戦」を開始!するとカエルムは極悪ならぬ極甘な色気を発散しだして…!?糖度200%ラブロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

 

主人公は没落し、辺境の貧困地域の領主になって生活していた王女ユーラ
彼女は、駄々をこねた異母姉の代わりに「流血王」という名で恐れられている隣国の王カエルムのところへ嫁ぐことになります。

 

このカエルム、実は照れ屋で純情なのに国のために「冷酷無慈悲な流血王」としての演技をしていたという人物。
もうそんな演技をする必要はないから、ユーラといちゃいちゃして「怖くないよー」とアピールしよう! というのが前半のストーリーです。

 

途中から(むしろ最初から?)どう見ても作戦じゃないレベルでいちゃいちゃと甘い雰囲気を垂れ流すユーラとカエルム。
王様とお姫様のくせに二人とも純朴で天然なので、見ていてニヤニヤが止まりませんでした。もう可愛すぎるよこのカップル・・・・・・!!

 

そして、単なるいちゃいちゃもので終わらなかったのが個人的にポイント高かったです

 

ユーラは幼少期からかなり壮絶な人生を生きてきたために「幸せに思っていてもそれはいつか失われるのではないか」というトラウマを抱えていることが冒頭からずっと描かれてきました。

基本的にユーラは天真爛漫で素直なんですが、「幸せすぎて怖い」を比喩じゃなく感じているところがとても可哀想な子。
そんなユーラのトラウマを異母姉ピリスの襲来を利用してきちんと払拭してくれるわけですが、そんな肝心のシーンで、私はユーラを迎えにきたカエルムよりも、ユーラに「おかえり」と言ったタングスの民とユーラの関係にむしろ涙が出そうでした(涙腺もろすぎた)。

家族に恵まれないとユーラは最初に自嘲していましたが、本当はカエルムと出会う前でもちゃんと彼女には自分で作り上げた「家族」がいたんですよね。
リムタスの「実家」という言葉にじーんとする、実にいい話でした。

 

ピリス姉に関しては思ったよりあっさり片付いたのが意外でしたが、結構ネバっこい話になりかねなかったので、個人的にはこのくらいの分量で丁度良かったです。

 

あ、私も「王の初恋を見守り隊」に入隊します!(*^・ェ・)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。