棺姫のチャイカ9

『棺姫のチャイカⅨ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

棺姫のチャイカIX (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカIX (富士見ファンタジア文庫)

大きく話が動きましたが、もしや終盤戦突入なのでしょうか。対立構造もハッキリしてきて、さらに面白くなってきました。
話だけでなく、主人公トールにも変革が。こういう展開はベタだけど熱くて好きです。

☆あらすじ☆
賞品の『遺体』を手に入れるため、ハルトゲン公国の武芸大会に出場したトールとフレドリカ。無事予選通過を果たすも、双子のチャイカの策略によってチャイカ、アカリ、ニーヴァが捕らわれてしまう。引き渡しの条件として、これまで集めてきた『遺体』との交換を提案されるのだが…。「トールにとって、一番大事なのは、何?」チャイカの望みを叶える事。それがトールの…。ではそのためのチャイカの死は?生命と目的。決断を迫られるトールが出す答えは…。
絶望と希望が交錯する中、真の『黒』が姿を現し、ついにすべての『遺体』が揃う!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ9

流血王の初恋

『流血王の初恋』(宇津田晴著/小学館ルルル文庫)★★★★☆

流血王の初恋 (ルルル文庫)
流血王の初恋 (ルルル文庫)

とても良いラブストーリーでした。
「流血王」と呼ばれる王様のもとに嫁いでみたら、待っていたのは「思春期かよ!」と突っ込みたくなるような純情青年。
そんな彼に対する周囲のイメージを一新させるためにイチャイチャするお話なわけですが、ヒロインのトラウマが絡むことで思いがけず最後は感動してしまいました。
そして糖度がやばい。あらすじの「200%」に偽りなしです。これは砂糖吐くわー

☆あらすじ☆
畑仕事をして暮らす没落王女のユーラが命じられた“流血王”カエルムとの政略結婚。冷酷と恐れられるカエルムの不機嫌な態度におののくユーラだったが、夫に怯えてちゃ幸せになれない!と、農作業で鍛えたド根性でカエルムを観察することに。彼の強引な態度にはワケがあると気づいたユーラは、彼の極悪イメージを変える「婚前イチャラブ作戦」を開始!するとカエルムは極悪ならぬ極甘な色気を発散しだして…!?糖度200%ラブロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 流血王の初恋