灰と幻想のグリムガル4 導き導かれし者たち

『灰と幻想のグリムガル level.4 導き導かれし者たち』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

灰と幻想のグリムガル level.4 導き導かれし者たち (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.4 導き導かれし者たち (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年7月刊。
必死にどこまでも足掻く人間っていうのをここまで執拗に描くシリーズは他にないんじゃないだろうか。
このシリーズは毎回、読んでいる間じゅう息苦しさを感じるんですが今回も凄まじかったです。あぁ苦しかった・・・・・・。

☆あらすじ☆
「驚かすなって、モグゾー」「ごめん、ごめん」
モグゾーは、あはは、と笑って頭を掻いた。でも、ものすごい血だ。血まみれで、表情もよくわからない。だけどまあ、なんとか平気そうだ。
大きな戦いを乗り越えたハルヒロたちだが、助けられなかった仲間もいて、喜んでばかりもいられなかった。そんな中、予想外の活躍をしたことで、他のチームから引き抜きの誘いを受けるメンバーも。リーダーとして悩むハルヒロは、改めて自分たちがどうしたいのかという想いと向き合ってゆく。
灰の中から生まれた冒険譚は、いま新たなステージを迎える!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル4 導き導かれし者たち

光炎のウィザード2 再会は危機一髪

『光炎のウィザード 再会は危機一髪』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

光炎のウィザード―再会は危機一髪 (角川ビーンズ文庫)
光炎のウィザード―再会は危機一髪 (角川ビーンズ文庫)

じわじわと面白くなってきました。
魔術師のツッコミ不在師弟コンビのフィールドワークと魔導書探しの物語第2弾。
まだまだ伏線設定の段階といったところです。謎は深まるばかりだ・・・・・・。

☆あらすじ☆
“学園”に所属する見習い魔術師リティーヤは、幼いころ生き別れになった家族と命の恩人を捜している。担当教官の青年ヤムセは美形だけど、無口・無表情・超甘党とヘタレ要素そろいぶみ。今日も今日とて調査のため、さる土地を訪れた二人だが、そこで待ち受けていたのは、兄によく似た人とヤムセの過去、そして謎の武闘会で…!?
新たな恋の予感もアリの、暴走美少女+ヘタレお師匠による、愛と冒険のファンタジー第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 光炎のウィザード2 再会は危機一髪