ハーフ・クラウン1 秘め公爵といばらの輪舞

『ハーフ・クラウン 秘め公爵といばらの輪舞』(御永真幸著/コバルト文庫)★★★★☆

ハーフ・クラウン 秘め公爵といばらの輪舞 (コバルト文庫)
ハーフ・クラウン 秘め公爵といばらの輪舞 (コバルト文庫)

面白かったです!
事情があって男装する公爵と、彼女に恋する公爵。王位を賭けて争う立場にあるものの、彼らが友情(一方的だけどw)を育む姿がとても良かった。 雰囲気がベル薔薇というかヅカっぽかったんですが、こういう男性よりの凜々しさを持つヒロインは最近見かけなかったので新鮮でした。
タイトルでオチがばれてるようにも思ったのですが、予想以上にヒロインが往生際悪くて楽しかったです。ヒーローが不憫すぎるww

☆あらすじ☆
シエラ公爵家の跡取り男子として育てられたユフィは、誰よりも強く賢く凛々しい美青年。突然の王太子出奔により、彼女は次期王の候補者として挙げられる。そこに現れたのがもうひとりの候補、クロヴナー公爵家の貴公子ヴィンセント。そして彼は、ユフィの真実を知っており、彼女をひそかに愛していた…。無二の親友として絆を深める2人だったが、ヴィンセントの一途な想いは止められなくて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ハーフ・クラウン1 秘め公爵といばらの輪舞