終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年1月刊。
最近、やっと漫画版を購入しました(以前はレンタルで読んでた)。
小説版も漫画版もどちらもほんと面白いですね。おすすめです。
クリスマスに起こると予言され、実際成就されてしまう 破滅までの過程を描いた物語。
2巻までも展開が早かったのですが、3巻もまた一気に物語が動きました。グレンと真昼の関係も動きがあったものの、とても切ないです。何気に相棒っぽくなってきた深夜とグレンが良い感じですw

☆あらすじ☆
世界が破滅に向かうそのさなかの、物語―。身分の低い分家出身で、侮蔑の対象であったはずの一瀬グレン。だが、柊家の、さらには『帝ノ鬼』の次期当主候補でもある柊暮人に強制的に部下にさせられた結果、周囲の扱いが大きく変わったことに戸惑っていた。そんな中、グレンと深夜は、上野公園で対峙したキメラ―ヨハネの四騎士についての情報を得るべく、“百夜教”との接触を決断する。極秘であったはずの会談の場に現れたのは―!さらに翌日、暮人に呼び出されたグレンが見たものは、幼い少女の―!?
鏡貴也×山本ヤマトの最強タッグが描く大人気学園呪術ファンタジー、世界の終わりが加速する、運命の第3巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也