精霊歌士と夢見る野菜3 金色の約束

『精霊歌士と夢見る野菜 金色の約束』(永瀬さらさ著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

精霊歌士と夢見る野菜 金色の約束 (角川ビーンズ文庫)
精霊歌士と夢見る野菜 金色の約束 (角川ビーンズ文庫)

完結巻です。
3巻で話をまとめられるのかと不安だったものの、予想より綺麗に着地させてくれました。3巻そのものもとても面白かったです。
なんでこんなに主人公を叩きのめすんだ、とか、このまま夜の蝶になってしまうのかとドキドキしましたが(笑)、主人公の夢も恋も良い形でまとまったハッピーエンドでした。
正直、3巻で終わらせてしまうのがもったいないシリーズでした。もうちょっとゆっくりじっくり進んでくれても良かったんだけどな。
次回作にも期待したいです。

☆あらすじ☆
自分の心を奪った天才、エイディの隣に並び立つ。『精霊歌士』として―。
野菜しか作れない落第生のメロウは、“砂漠の王子様”と呼ばれる問題児のシャーディー、臆病すぎるリーリという個性的な補講仲間と力を合わせ、数々の課題を乗り越えてきた。だが、最大の難関が。なんと、精霊歌士になるための最終試験を審査するのは、幼いメロウを捨てた母親、王国の女王その人で…!?
王道ラブ・ファンタジー、感動のフィナーレ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 精霊歌士と夢見る野菜3 金色の約束