終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2013年7月刊。
かなりギリギリのところで生きているグレンですが、さっそく状況が変わります。
結末ありきの物語だけにさくさくと展開していくところがいいですね。
小百合めちゃくちゃかわいいんですけど、どうにか報われないかなぁ。

☆あらすじ☆
これは、世界が滅亡する直前の、物語―。
“百夜教”による大規模襲撃から、1ヵ月。グレンは呪術学校で、相変わらず野心を隠してクズを演じていた。美十や五士、そしてクラスメイトに無能だなんだと揶揄されながらも、のらりくらりと実力を隠すグレン。しかし平穏な時間は続かない。グレンの実力を訝しんだ真昼の兄―柊暮人生徒会長が内務調査を始めたのだ。圧倒的な実力を持つ暮人の前で、グレンはついに、その力を見せることになる。人間、鬼、吸血鬼―それぞれの欲望が悲しいまでに絡み合いながら、やがて戦争が始まる。
鏡貴也×山本ヤマトの最強タッグが描く大人気学園呪術ファンタジー第2弾!

以下、ネタバレ有りの感想です。
続きを読む 終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也