世界の終わりの世界録1 再来の騎士

『世界の終わりの世界録〈アンコール〉1 再来の騎士』(細音啓著/MF文庫J)★★★☆☆

世界の終わりの世界録<アンコール>1 再来の騎士 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>1 再来の騎士 (MF文庫J)

300年前の伝説の英勇そっくりの少年が、英勇の仲間だった少女達と共に、英勇が遺した旅の記録「世界録」を探して旅をする物語。
どこか懐かしさを感じるくらいの王道ファンタジーでした。まだまだ序章といった感じですが少し無難すぎてパンチが足りない、かもしれません。

☆あらすじ☆
伝説の英勇エルラインが遺した、世界の終焉と再来とを記した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める世界録大争奪時代―騎士志望の少年レンは、彼の英勇生き写しの容姿ながら剣才に恵まれず「偽英勇」とバカにされる日々を送っていた。そんな彼の前に現れた、封印より目覚めし伝説の竜姫キリシェ。レンをエルライン本人と勘違いし、外見だけだと失望したキリシェだったが、一方でレンの中に秘めた可能性を見出すことに。そして、かつて英勇と共に世界を救った大天使フィアや先代魔王エリーゼとの世界録をめぐる旅へと少年を誘う。
「わたしと、行くか?」
―これは、英雄たちが奏でる狂騒への序曲。今、偽英勇の少年と伝説が邂逅する!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 世界の終わりの世界録1 再来の騎士

マージナル・オペレーション1

『マージナル・オペレーション01』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★☆

マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)

無職の30代日本人男性が外資の民間軍事会社に就職したらオペレーターとしての才能が開花した、という話。主人公の一人称視点で、ドライで事務的な報告をされているかのように話が進んでいきます。悲惨な現実と熱のない主人公の視点のギャップが不気味でした。そして、そこになぜか惹き込まれてしまい、一体これからどうなるのかとページを繰る手が止まらず一気に読みました。面白かったです。

☆あらすじ☆
三〇歳のニート、アラタが選んだ新しい仕事、それは民間軍事会社―つまり、傭兵だった。住み慣れたTOKYOを遠く離れた中央アジアの地で、秘められていた軍事的才能を開花させていくアラタ。しかし、点数稼ぎを優先させた判断で、ひとつの村を滅ぼしてしまう。モニターの向こう側で生身の人間が血を流す本物の戦場で、傷を乗り越えたアラタが下した決断とは―?
『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が贈る、新たな戦いの歴史が、今はじまる。

以下、ネタバレ有りの感想です。

続きを読む マージナル・オペレーション1