ルーク&レイリア2 アルテナの少女


『ルーク&レイリア アルテナの少女』(葉山透著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

ルーク&レイリア: 2 アルテナの少女 (一迅社文庫アイリス)
ルーク&レイリア: 2 アルテナの少女 (一迅社文庫アイリス)

この巻を読んで、つくづくこのシリーズはファンタジア文庫で復刊すべきだったんじゃないだろうかと思いました。他社で出したのには何か理由があるんだろうか・・・・・・。
あとがきで葉山さんも言っていますが、インディジョーンズのような遺跡ミステリ冒険活劇。
バトルシーンは迫力ありすぎて少女小説の域をはみ出ています(当たり前か)
ルークはいまいち情けない主人公ですが、嫌いじゃないですw
頑張れシスコンお兄ちゃん!

☆あらすじ☆
誘拐された妹を助けてほしい―。
凄腕ハンター・ルークの今回の仕事は、儀式の生贄にされようとしている少女を救い出すこと。金の瞳をもつ美女・レイリアと共に、孤島の遺跡に向かったルークだったが…!?遺跡の謎に挑むルークたちの前に、謎の教団の女剣士、そしてハンター専門の死刑執行人ハンタージャッジが立ちふさがる!遺跡に眠る、アルテナの民の財宝とは…?
葉山透の大人気シリーズ完全版第2弾登場。

以下、ネタバレ有りの感想です。

 

晴れてハンターに復帰したルーク。
過去の悪行がひびいてまともな依頼がこないなか、彼が復帰第一弾に選んだ仕事は、 遺跡で生け贄にされようとしている妹を救って欲しいというニイヤと名乗る男からの依頼でした。

 

今回は古代文明の遺跡にまつわる謎を追う、というもの。
まさにインディですね!あの映画はとてもすきなんですが、それを小説で読むとなると色々難しいものです。
面白かったんですけど、遺跡の描写が脳内でイメージしづらいかな。
それに加えて今回は展開がどんどん二転三転していき、探偵の推理披露シーンのあとに真の謎解きがくる段階になると何がなにやら。
ちょっと把握するのが大変でした。

 

物語の鍵を握るアルテナの少女ニナについては、終盤までずっとルークの庇護欲そそる妹キャラだったのに喋り始めたらキャラ崩壊してしまって笑いました。
そんな感じなのにやっぱりニナに懐いてしまっていたルークw
シスコンもここまで極めたら、もうあっぱれというかなんというか。うん。

 

遺跡ミステリとしては少し不満が残るものの、冒険活劇としては文句なしでした。
アクションシーンはスケールの大きさを感じるというか、とにかく迫力があってすごく面白かったです。
冒頭からかなりいいとこなしだったルークもカッコイイところをみせてくれましたしね。
どうせなら遺跡内での格闘シーンがもう少し多かったら良かったなと思わなくもないのですが。

 

今回、ニナを挟んでルークとレイリアの関係性が少しは変わるかと思ったらそんなことはなく、それが少し残念でした。
未だにレイリアが何を考えているのかはよくわからないんですよねー。むしろ、このふたりどうにかなったりするのだろうか。

 

次巻は海洋ミステリとのこと。楽しみです。

ルーク&レイリア: 2 アルテナの少女 (一迅社文庫アイリス)ルーク&レイリア: 2 アルテナの少女 (一迅社文庫アイリス)
葉山 透,ひだか なみ一迅社
売り上げランキング : 12090Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。