光炎のウィザード1 はじまりは威風堂々


『光炎のウィザード はじまりは威風堂々』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

光炎のウィザード はじまりは威風堂々 (角川ビーンズ文庫)
光炎のウィザード はじまりは威風堂々 (角川ビーンズ文庫)

がさつな珍獣好き見習い魔術師と、その指導教官の青年の師弟コンビが伝説上の魔導書を集めたり集めなかったりするシリーズ(あとがき談)。
サブタイトルに「はじまりは」とあるように、この巻は完全に序章に徹しています。いろんな人が意味深に登場しますが、まだどういう話になっていくのかはさっぱりですね。今回の話は主人公が男二人に添い寝されていたことしか覚えていない・・・・・・(嘘
すでに完結済みのシリーズなのですが、この後に描かれている著作の「デ・コスタ家の優雅な獣」や「シスター・ブラックシープ」に比べると文体が少し軽いように感じました。面白かったですけどね。
物語は始まったばかりなので続きに期待します。

☆あらすじ☆
リティーヤは、「学園」の基礎課程を修了したばかりの見習い魔術師。がさつと生意気を絵に描いたような彼女は、幼いころ生き別れになった家族と命の恩人を捜している。そんなある日、リティーヤは無口・無表情・超甘党の青年ヤムセと出会った。どうやらこのヤムセ、リティーヤの担当教官らしいのだが…?命の恩人は誰?なんでも願い事を叶えられる『グリーンワードの魔導書』って何?
愛と冒険のファンタジーが幕を開ける。

以下、ネタバレありの感想です。

 

珍獣好きで基本的に劣等生な見習い魔術師リティーヤ。魔術師の教育・研究機関『学園(アカデミー)』に所属し、晴れて専門課程に進んだ彼女は、移行式当日に指導教官ヤムセと一緒にフィールドワークに旅立つことになります。

 

ちなみに、リティーヤもヤムセも『学園』所属ですが、フィールドワークばかりらしいので学園ものにはならないかもしれないそうです(あとがき談)

 

ヤムセと一緒に調査対象の田舎町に訪れたリティーヤは、そこで〈グリーンワードの魔術書〉のひとつである、失われた〈昼〉の石板のかけらの争奪戦に巻き込まれていくことに。
このシリーズは、〈昼〉の石板のかけらを集めていくシリーズ、ということでいいのでしょうか。能動的に集めるわけじゃなさそうですが、失われた〈昼〉の魔術を使うリティーヤと石板は惹かれ合うようですし。

 

魔術の種類が〈夜〉〈夢〉〈流れ〉〈昼〉という名前がつけられていて、このネーミングセンスがなかなか好みでした。なんか響きが素敵ですよね。
寒冷化した世界で、〈昼〉の魔術を取り戻して世界の気候を元に戻したりするんでしょうか。

 

今回の敵であるユローナは捕まってしまいましたが、ヤムセやヴォルドとの因縁を考えるとあっさり再登場しそうですね。

 

なぜリティーヤが失われた〈昼〉の魔術を使えるのか。リティーヤの恩人虹ドロさんの正体は誰なのか。
ヤムセの過去に何があったのか。キツネ顔の少年の目的は何なのか。

名前がまだ出てきていないキツネ顔の少年の正体は、言い伝えで四つの贈り物をしたというキツネなのかな?

 

謎をたくさんちりばめて、物語は2巻に続きます。面白くなりそうです。

 

・・・・・・それにしても、リティーヤは昼の魔術を使う度に添い寝されることになるんでしょうか。けしからんww

光炎のウィザード はじまりは威風堂々 (角川ビーンズ文庫)光炎のウィザード はじまりは威風堂々 (角川ビーンズ文庫)
喜多 みどり,宮城 とおこ角川書店
売り上げランキング : 723421Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。