光炎のウィザード1 はじまりは威風堂々

『光炎のウィザード はじまりは威風堂々』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

光炎のウィザード はじまりは威風堂々 (角川ビーンズ文庫)
光炎のウィザード はじまりは威風堂々 (角川ビーンズ文庫)

がさつな珍獣好き見習い魔術師と、その指導教官の青年の師弟コンビが伝説上の魔導書を集めたり集めなかったりするシリーズ(あとがき談)。
サブタイトルに「はじまりは」とあるように、この巻は完全に序章に徹しています。いろんな人が意味深に登場しますが、まだどういう話になっていくのかはさっぱりですね。今回の話は主人公が男二人に添い寝されていたことしか覚えていない・・・・・・(嘘
すでに完結済みのシリーズなのですが、この後に描かれている著作の「デ・コスタ家の優雅な獣」や「シスター・ブラックシープ」に比べると文体が少し軽いように感じました。面白かったですけどね。
物語は始まったばかりなので続きに期待します。

☆あらすじ☆
リティーヤは、「学園」の基礎課程を修了したばかりの見習い魔術師。がさつと生意気を絵に描いたような彼女は、幼いころ生き別れになった家族と命の恩人を捜している。そんなある日、リティーヤは無口・無表情・超甘党の青年ヤムセと出会った。どうやらこのヤムセ、リティーヤの担当教官らしいのだが…?命の恩人は誰?なんでも願い事を叶えられる『グリーンワードの魔導書』って何?
愛と冒険のファンタジーが幕を開ける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 光炎のウィザード1 はじまりは威風堂々