双界幻幽伝12 告白は先手必勝!


『双界幻幽伝 告白は先手必勝!』(木村千世著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

双界幻幽伝12 告白は先手必勝! (ビーズログ文庫)
双界幻幽伝12 告白は先手必勝! (ビーズログ文庫)

表紙は前巻と対になっているそうです。
刊行ペースが早いのは良いのですが、ちょっと間延びしてきた感じがあります。むしろ今回話がほぼ進まなかったような?
星彩過去編、というほどでもないし・・・・・・。
主役二人のいちゃこらは相変わらずでした。にゃんにゃんしちゃった!

☆あらすじ☆
いつでも絶賛後ろ向き中! な朧月と違って、常に明るい姐御肌である星彩の様子が少しおかしい!?そんな中、皇帝の襲撃事件をいちゃこらしながら調査中の蒼刻&朧月を懐かしい後輩カップルが訪れてきた。そこでもたらされたのは、事件の手引きをしたと思われる葉家の当主が2人に会いたがっているという報せ。会いに行った葉家の当主は意外にも、中性的な容姿のどこか陰のある少年で──!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

皇帝陛下暗殺未遂事件の真相を探る朧月たち。
凶手の正体は星彩の過去に関係している!?ということで、今回は星彩の過去が明らかになったのですが思った以上にあっさりしてましたね。いや、重いエピソードのはずなんですがページ数が全然割かれていないせいで、なんか物足りないというか・・・・・・ラブコメメインだからこのくらいで丁度いいのかもしれませんけど。

星彩の名前の由来はちょっとほっこりしました。
朧「月」の近くに、ということで「星」彩だったのか。いい話(´▽`)

 

その凶手・ 是空が、なぜ死んだはずなのに動いているのか、とか、葉家当主冬泉の姉春燕の行方もわからずじまい。
今回初めて名前が出てきたセイ教との関連も示唆されてますが・・・・・・。
どう考えても黒幕な曹緋鷹ですが、彼のいう「皇子殿下」とは誰のことなのか。
伏線を張り巡らせた回、というところでしょうか。謎は深まるばかりです。

 

あと、衛万里と湘雲公主のほうは割とあっさりまとまりそうですね。このふたりの過去エピソードもいずれ扱うんでしょうか。正直そんなに興味が

 

もうちょっと1冊にまとめてほしかったところですが、朧月と蒼刻の「にゃんにゃん」は楽しかったので、もうなんでもいいやwという気分になりました。はい。
・・・・・・今回ちゅーしてますけど、1巻の人工呼吸以来初?あれ?この巻の前もしてたっけ?
いちゃこらしすぎててよくわかんなくなってきた(((( ;゚д゚)))

双界幻幽伝12 告白は先手必勝! (ビーズログ文庫)双界幻幽伝12 告白は先手必勝! (ビーズログ文庫)
木村 千世,くまの 柚子KADOKAWA / エンターブレイン 2014-08-14
売り上げランキング : 1435Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。