乙女☆コレクション9 怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス


『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★★☆

怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス 乙女・コレクション (コバルト文庫)
怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス 乙女・コレクション (コバルト文庫)

まさに大団円の最終巻。
ゆるゆるとした甘さに癒やされるシリーズでした。そして最後の蛍さんにほろりとしてしまいました。

☆あらすじ☆
ついに政府への謀反の意志を明らかにした初瀬宮中佐。賛同できずに兵舎内に幽閉された恋人・結人の身を案じるスズメ。そんな中、スズメの前に春海中尉が現れ、“呪われ死宝物”の目録と引き替えに結人を解放すると取引を持ちかけてきた。スズメと結人は、呪われし力でキョウト遷都を画策する初瀬宮を阻止して、結ばれることが出来るのか!?
和風モダン怪盗ロマンス、ついに完結で大団円―

以下、ネタバレありの感想です。

 

ついに初瀬宮&群竹との直接対決!
そして萬条さん再登板キターーー!(・∀・)

 

群竹の正体は案の定〈呪われ死宝物〉で、萬条さんと同じ撫で物。萬条さんの存在そのものが伏線だったわけですね!
群竹VS蛍のシーンではあわや蛍戦死か!?とか・・・・・・全く思わなかったですw
この作品は糖度たっぷりのほんわかした空気がお気に入りだったのですが、最後の最後までそういうシリーズのらしさを貫いてくれて本当に良かった。

 

初瀬宮も、蟲の悪影響を受けてただけでしたしね。悪役サイドの人だけど、ほんとの悪人じゃないって信じてた!

 

無事にレディ・キャンディの最後のオークションも終了。エピローグは糖度大奮発でした。
結人さん、さすがにお色直し20回はしんどいと思いますw

 

意外にほろりとしてしまったのが、蛍が咲子ママの墓前で報告するシーン。
「ですから、この命尽きたら、そのときは・・・・・・」 っていうセリフと挿絵が切なかったです。
ほんと、このシリーズの裏主人公は蛍でしたね。お疲れ様でした。

 

アンコールではシリーズの前日譚が語られました。
スズメと結人にも離れていた時期があるにはあったんだよなぁ、としみじみ。

 

どこまでも甘くて、明るくて、そしてとても楽しい良シリーズでした。面白かった!!!

怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス 乙女・コレクション (コバルト文庫)怪盗レディ・キャンディと永遠のロマンス 乙女・コレクション (コバルト文庫)
かたやま 和華集英社
売り上げランキング : 506857Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。