迷子と迷子のアクセサリー店 家なき少年と彷徨う国

『迷子と迷子のアクセサリー店 家なき少年と彷徨う国』(高里椎奈著/ビーズログ文庫)★★★★☆

迷子と迷子のアクセサリー店 家なき少年と彷徨う国 (ビーズログ文庫)
迷子と迷子のアクセサリー店 家なき少年と彷徨う国 (ビーズログ文庫)

思っていた以上に不思議系というか哲学的なお話でした。ビーズログっぽくない、どちらかというとMW文庫とかそっち向けな作品だったように思います(著者は講談社文庫とか角川文庫でよく書いている人だったんですね。)
記憶を失った少年が、不思議な店主が営むアクセサリー店でアルバイトをすることになり、店に訪れる様々な客の事情に触れていく、というお話。連作短編になるのかな。人の価値観や主観がどれだけ曖昧であやふやなものなのか身につまされるエピソードもあったりして、読んだ後にこちらの心が迷子になるような気分になる不思議な感覚を味わいました。
面白い作品でした。価値観が揺らいでしまうような奇妙な気持ちを味わいたい方におすすめです。

☆あらすじ☆
僕は、何人目の“迷子”なんだ?高里椎奈×THORES柴本が織りなす「奇妙な空想譚」開幕!
少年が開いた扉は、何故だかアクセサリー店へと繋がっていた。
来た道を思い出せない少年の前に現れたのは、無神経で無愛想、おまけに生活能力ゼロの店主。
その傍らには、喋る狼が!? 訪れる客も、風変りな者ばかり。店主に店の所在地を訊ねても、飄飄とした的外れな答えしか得られない。
「迷子、おまえがどこから来たのか当ててやろう」……すべてが不合理な中、奇妙なゲームが始まった!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 迷子と迷子のアクセサリー店 家なき少年と彷徨う国

花神遊戯伝9 あさき夢見し、かぐやの戯

『花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯 (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯 (角川ビーンズ文庫)

クライマックス直前巻!
いよいよ物語は最終局面です。ところどころシリーズ初期の頃のエピソードに触れられていて、花神遊戯伝も終わってしまうんだな、と何とも寂しい気持ちになりました。女神として覚醒した知夏ですが、最初の頃よりも何倍も強くなりました。それなのに事態はどんどん混乱し、悪化し、過酷になっていきます。うう、苦しい。色々きつすぎて・・・・・・

☆あらすじ☆
もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―
神力をもって復活し、大好きな暴君・胡汀との再会を果たした知夏。一方、都では悪鬼や疫神がはびこり、荒廃が進む。そんななか、護剣士『緋剣』の一人、伊織の救出に向かうことに。だが、知夏達の前に『緋剣』の朝火が立ちはだかる。引き裂かれる絆、そして、敵対する帝・司義が仕掛けた恐るべき罠が!?
「私は定めじゃなくて自分の意思で選ぶ!」激動の第9弾!!

以下、ネタバレありの感想です。最終巻直前なので見返し用にちょっと細かめに書いていきます。

続きを読む 花神遊戯伝9 あさき夢見し、かぐやの戯