この恋と、その未来。1 一年目 春

『この恋と、その未来。 ー一年目 春ー』(森崎ビンゴ著/ファミ通文庫)★★★★☆
この恋と、その未来。1 -一年目 春- (ファミ通文庫)
この恋と、その未来。1 -一年目 春- (ファミ通文庫)

全寮制の高校に入学した主人公のルームメイトは性同一性障害の女性だった、 というところから始まる物語。一年目春、と副題にあるからには高校生活を全て描ききりたいのかな。難しいテーマだけに、期待したいです。
この巻は新生活の始まりと出会いの巻で序章なのですが、ラストは物語全体の先行きに一抹の不安を感じさせる切なさが詰まっていてとても良かったです。

☆あらすじ☆
超理不尽な三人の姉の下、不遇な家庭生活を過ごしてきた松永四郎。その地獄から逃れるため、新設された全寮制の高校へと入学を決めた彼は、期待を胸に単身広島へ。知らない土地、耳慣れない言葉、そして何よりもあの姉達との不条理な日々から離れた高揚感に浸る四郎だったが、ルームメイトとなった織田未来は、複雑な心を持つ……女性!?四郎と未来、二人の奇妙な共同生活が始まる――。
『東雲侑子』のコンビで贈る、ためらいと切なさの青春ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む この恋と、その未来。1 一年目 春