王の守護者の秘密の婚約

『王の守護者の秘密の婚約』(宇津田晴著/ルルル文庫)★★★☆☆

ルルル文庫 王の守護者の秘密の婚約(イラスト完全版)
ルルル文庫 王の守護者の秘密の婚約(イラスト完全版)

めんどくさい王様ですね・・・・・・。
冒頭が甘い雰囲気垂れ流しの再会シーンではあるものの、内容は意外にすれ違い系ラブコメ。
潜在的かまってちゃんな王様がめんどくさかかったものの、万能秘書みたいなヒロインは良かったし、全体としては楽しめました。

☆あらすじ☆
侯爵令嬢エトワルは、軍人の父からサバイバル術を、夢見がちな母からお姫様教育を受けて育った、一風変わった少女。
オリヴィエ王国第一王子ジュールの婚約者に選ばれ、幸せな日々を送っていたのもつかの間、両親が事故死すると叔父に修道院に送られてしまう。
「自分の居場所はジュールの隣!」
そう思い定めたエトワルは、脱走して絶海の孤島にあるイデア学園に逃げ込むと、過酷な修練を積んで〈王の守護者・アテナ〉となって、王宮に舞い戻った!
だが宮廷は権謀術数の渦中にあり、しかも若くして王位を継いだジュールは困ったイジワル男になっていて、エトワルのオトメ心は千々に乱れる…!?
男装の守護者と若き国王のヒミツの恋愛のゆくえは、はたして…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王の守護者の秘密の婚約