茨姫と嘘吐きな求愛


『茨姫と嘘吐きな求愛』(宮野美嘉著/ルルル文庫)★★★★☆

ルルル文庫 荊姫と嘘吐きな求愛(イラスト完全版)
ルルル文庫 荊姫と嘘吐きな求愛(イラスト完全版)

男嫌いのバイオレンス系ヒロインと、サドでマゾでヤンデレなヒーローのコンビの駆け引きが楽しいスパイもの、ならぬ「水戸黄門」もの。
ヒロインがとてもかっこ良くてとても女王サマです。そしてお姉様。
彼女の男嫌いを直すために従者としてつけられたのがヒーローなのですが、どうにも挙動不審&アヤシイ言動を繰り返す彼の正体とは!?というお話でした。
ヤンデレヒーローが好きな人には堪らない作品なのではないでしょうか。

☆あらすじ☆
代々「王家の蝙蝠(こうもり)」と呼ばれる諜報活動を生業(なりわい)としてきたラグランド伯爵家。ある日、当主である祖父に呼び出されたアイリーンは、兄の不始末から突然跡継ぎに指名されてしまう。しかし、アイリーンは筋金入りの男嫌い! 婿をとって子など産めるかと即座に拒絶したところ、とんでもない男が部下としてやってきて!? その恋は、死ぬほど甘い蜜の味――。
男嫌いの茨(いばら)姫と退屈を持て余した切れ者従者との、人生を賭けた甘くて危ない下克上ラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

主人公は、『王家の蝙蝠』として代々王家の敵を探るスパイ家業を営むラグランド伯爵家の令嬢アイリーン
アホ兄貴のせいで男嫌いな彼女は、男にはとりあえず暴言を吐き、触ってこようものならすぐさま鉄拳制裁というクールなのにバイオレンスな「茨姫」。
男嫌いな分、女性には素晴らしく優しいです。女たらしのアイリーンのお姉様っぷりが最高。

 

彼女を次期当主にしようと考える祖父の差し金で、アイリーンの従者となり彼女の男嫌いを直す任務を下されたのがヒーローのヴィル
アイリーンに小突かれようが踏まれようが怖い笑顔で受け入れるマゾ
に見せかけて彼女を屈服させようとするサド
かと思いきや全ての言動はアイリーンに愛を受け入れてもらうためで、彼女を独占するためには手段を選ばないレベルのヤンデレだったりします。
ヴィルは変態具合が多方面にイッちゃっていて怖すぎました。だがそれがいい!!

 

自由人でどこか不気味なヴィルをアイリーンは無条件で受け入れ、信頼を寄せていきます。
これは、ふたりが調査を進める連続少女失踪事件の最中にヴィルの素性がわかったときも、彼が裏切る素振りをみせたときにも揺らぎませんでした。

このときのアイリーンは一見すると懐の深い人格者のようにも見えるけれど、彼女の危うさが際だったシーンでもあるのではないでしょうか。
結局、アイリーンは保身とか何も考えていないから、信頼するだけしといてそれでダメになるならその時はその時、っていう発想なんですよね。
だから命がけであってもヴィルを受け入れるし、裏切られたときは本当に彼を道連れに死んでしまうのでしょう。
なんて自分に対して投げやりなヒロインなんだ・・・・・・退屈を極めすぎてヤンデレ化したヴィルと相性良すぎです。サドマゾ的にも相性良いのか。

どこか不完全で歪なふたりだからこそ、二人揃ってなんとか平衡を保てるのかもしれません。

 

この話は不審なヴィルの正体に迫るほうに重点が置かれていたので、もし続編をつくるなら最初から二人がパートナーとしてスパイをしながら水戸黄門をする話が読みたいです。
続編出てほしいなぁ。ヴィルが思いっきりヤンデレを発揮してアイリーンに踏まれるところがもっと見たいですしね!w

・・・・・・ただ、恋人どうしになったらヴィルはますますアイリーンに執着して依存しそうなんで、踏んだくらいで止まってくれるのかはあやしいと思いますけど(((( ;゚д゚)))

ルルル文庫 荊姫と嘘吐きな求愛(イラスト完全版)ルルル文庫 荊姫と嘘吐きな求愛(イラスト完全版)
宮野美嘉,結賀さとる小学館
売り上げランキング : 1254Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。