茨姫と嘘吐きな求愛

『茨姫と嘘吐きな求愛』(宮野美嘉著/ルルル文庫)★★★★☆

ルルル文庫 荊姫と嘘吐きな求愛(イラスト完全版)
ルルル文庫 荊姫と嘘吐きな求愛(イラスト完全版)

男嫌いのバイオレンス系ヒロインと、サドでマゾでヤンデレなヒーローのコンビの駆け引きが楽しいスパイもの、ならぬ「水戸黄門」もの。
ヒロインがとてもかっこ良くてとても女王サマです。そしてお姉様。
彼女の男嫌いを直すために従者としてつけられたのがヒーローなのですが、どうにも挙動不審&アヤシイ言動を繰り返す彼の正体とは!?というお話でした。
ヤンデレヒーローが好きな人には堪らない作品なのではないでしょうか。

☆あらすじ☆
代々「王家の蝙蝠(こうもり)」と呼ばれる諜報活動を生業(なりわい)としてきたラグランド伯爵家。ある日、当主である祖父に呼び出されたアイリーンは、兄の不始末から突然跡継ぎに指名されてしまう。しかし、アイリーンは筋金入りの男嫌い! 婿をとって子など産めるかと即座に拒絶したところ、とんでもない男が部下としてやってきて!? その恋は、死ぬほど甘い蜜の味――。
男嫌いの茨(いばら)姫と退屈を持て余した切れ者従者との、人生を賭けた甘くて危ない下克上ラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茨姫と嘘吐きな求愛