彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている1

『彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている』(内山靖二郎著/MF文庫J)★★☆☆☆

彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている (MF文庫J)
彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている (MF文庫J)

イラストの吟さんが大好きなのでジャケ買い。
タイトルはちょっとアレですが、内容は意外にシリアスだったりしてびっくりしました。
最初の展開がすごく粗くて物語に入るのが大変だったのですが、中盤以降は結構すんなり読めます。
どんな話だったかと説明するのが少し難しい・・・・・・突然異能者に攫われ、異能者に狙われ、異能バトルのトーナメントに出ることになってしまった少年のお話、ということでいいのでしょうか。全体的に粗い・・・。
ナンバリングはされていませんが続き物です。序章なので謎がいっぱい。

☆あらすじ☆
ここは格ゲー能力者が手から波動を放ち、勇者も戦闘機も、パズルゲームのブロックだって落ちてくる通称“特区”。覇鳥軍司が拉致されて放り込まれたのは、ゲーム由来の異能者が集うなんでもアリの場所だった。その矢先、面識がないはずの世界的なアイドルAP美優との出会いが、軍司の“何か”を刺激し、彼をAPへとアップデートさせる。
「どうしてあなたは戻ってきてしまったの?」
―その理由を知るために、隠された過去を明らかにするために、軍司は覚醒したスキルを駆使して、AP同士のバトルに身を投じていくのだが……それはそれとして、彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている。仲間にしますか? はい / いいえ

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブ注意。
続きを読む 彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている1