ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア1


『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★☆☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (GA文庫)

ダンまちのスピンオフ作品。
ダンまち1巻をアイズ視点で再構成したような内容になっています。それだけの内容だと思っていたら、どうも違う様子。なにやら事件のニオイ・・・・・・面白くなりそうです。

☆あらすじ☆
【剣姫】アイズ・ヴァレンシュタイン。最強と名高い女剣士は今日も仲間達と共に、広大な地下迷宮『ダンジョン』へと繰り出していく。灰へと朽ちた竜の死骸、忍び寄る異常事態、様々な謎と脅威が襲いかかる深層域50階層で、アイズが風を呼び、迷宮の闇へと一閃を刻む!
──そして訪れる、少年との『出会い』
「あの……大丈夫、ですか?」
迷宮都市オラリオの地で、少女と少年の物語が今、鮮烈に交差する!
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』外伝、ここに始動!
これは、もう一つの眷属の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

以下、ネタバレありの感想です。

 

ダンまち主人公ベルの憧憬の相手アイズ。外伝は、アイズと彼女の所属するロキ・ファミリアの活躍を描いていく内容になるようです。

 

ロキ・ファミリアはさすがに最上位の冒険者集団だけあって、ダンジョンでの探索もベルのそれよりも派手だった印象。あれだけ強いメンツがそろっていても苦戦しちゃうって、恐ろしいところですね。
・・・・・・というか、ベルとアイズが初めて出会ったあのミノタウロス事件の前にこんなに大きな騒動があったということが驚きでした。

 

ベルとの初邂逅以降は1巻で見たような場面がちらちら出てきて、このままアイズ視点で本編を再構成するようなスピンオフになるのかなぁ、と思っていたら最後で様子が変わってきてびっくりしました。

 

アイズたちに遠征を断念させた原因の新種のモンスター。
そして、怪物祭でのベルの死闘の裏で出現していた植物状の新種のモンスター。
裏にいると思われる神ディオニュソスの目的は?

2巻もすでに発売されている外伝ですが、ディオニュソスの企みに絡めて続いていくのでしょうか。面白くなりそう!
本編ではベルが必死に成長していく様子をみるのが楽しかったのですが、外伝はアイズ無双が爽快で楽しかったので、続きもとても楽しみです。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (GA文庫)
大森 藤ノ,はいむら きよたか,ヤスダ スズヒトSBクリエイティブ株式会社
売り上げランキング : 315Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。