ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4


『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★☆☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫)

新章開幕。
ついにレベル2に到達したベルが、中層探索に必要なパーティを結成する話でした。どちらかというと新章の準備回という印象。新キャラといい、神様たちといい、ネーミングセンスって難しいですよねw
それと短編が2つ。特にヘスティアとベルの初期の話がほっこりしました。

☆あらすじ☆
「「「「Lv.2~~~~~~!?」」」」
先のミノタウロス戦での勝利により、Lv.2到達、世界最速兎(レコードホルダー)となったベル。一躍オラリオ中の注目・羨望を集めることとなった少年の元には、仲間への勧誘が絶えない。廻り巡る環境。そんな折――
「俺と契約しないか、ベル・クラネル?」
偶然にも自身の装備《兎鎧》を創った鍛冶師のヴェルフと出会い、仲間を組むことに。しかも、彼は圧倒的な力を誇る《魔剣》唯一の創り手らしいのだが……?
犬人ナァーザ、そして女神ヘスティア、ベルが交わした2つのアナザーエピソードも収録!
これは、少年が歩み、女神が記す、── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。

 

アイズの【剣姫】とかって二つ名は神様達が決めてたんですね。自然発生的に呼ばれているのかと思っていました。
レベルアップのベルにも二つ名がつけられることになったのですが、中二病で黒歴史になりかねないところをなんとか【リトル・ルーキー】 という無難な名付けを勝ち取ったヘスティア。漢字にカタカナのルビふる感じもいいと思うんですけどねww

 

一方でベルは二つ目のスキルを発現。【英雄願望】・・・・・・チャージってまた便利なスキルですねぇ。これでさらに加速度的にダンジョン攻略していくんでしょうか。楽しみです。

 

そして中層を目指すベルに新たな仲間も加わりました。鍛冶師のヴェルフ。4巻本編は短めだったのですが、彼とベルの信頼関係を築く上での大事なエピソードでした。 ヴェルフのネーミングセンス、嫌いじゃないんですwミノたんww

 

さぁ、いざ中層へ!というところで次巻に続くのですが、今回は本編後に短編が2本入っていました。

 

「クエスト×クエスト」
クエスト、といったらRPGでは欠かせない要素ですよね!とは言っても私はがんがん本編を進めていくほうが好きなのでクエストに時間をかけないタイプです。クリアしても触れないクエストも多々あったり・・・・・・改めて考えるともったいないな(´・ω・`)
それにしてもミアハ・ファミリアにボられていたとは。ベルは人を信じすぎですよねぇ・・・・・・

 

「女神へのカンパネラ」
カンパネラ・・・あの鐘付き(鈴だと思ってた。一緒?)の髪飾りはベルのプレゼントだったんですね。奥手のくせに女好き、というヘスティアのベル評に笑いました。確かにw
フェミニストな上に根が素直なベルは毎回女の子ホイホイ状態ですもんね。じいちゃんの英才教育の賜物ですw

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫)
大森 藤ノ,ヤスダ スズヒトSBクリエイティブ株式会社
売り上げランキング : 344Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。