紫陽花茶房へようこそ2 夜のお茶会は英国式で

『紫陽花茶房へようこそ 夜のお茶会は英国式で』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★★☆

紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会は英国式で~ (集英社コバルト文庫)
紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会は英国式で~ (集英社コバルト文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
紫陽花茶房へようこそ1 ふたりのための英国式魔法茶 | 晴れたら読書を
2014年6月刊。
大正時代、英国式の茶房で起こる不思議な出来事を描く連作短編第二弾。

なぜか2巻からコバルト文庫の25日発売のほうに移ってしまい、背表紙が変わってしまいました。棚に並べたときに統一感が欲しかったなぁ、と少し残念に思ったり。書店での売り場も、お店によっては1巻はライトノベルコーナーにあるのに2巻は一般小説コーナーに並んだりしていて、ちょっと複雑な気持ちです。2巻から手に取ってくれるのを期待するのはハードル高いと思うんだ・・・・・・(ちなみに私行きつけの書店では1階が一般書でライトノベルコーナーは3階だったりする)。
大好きな作品だけにこんな変則的な売り方をされてかなり不安です。続いてほしい・・・・・・っ!

肝心な内容ですが、かたやまさんらしい可愛くてお菓子みたいな雰囲気はそのまま。相変わらずの紫音さんですが、今回は彼の事情に少し踏み込んだ内容でした。
2巻から読んでも問題ないとは思うのですが、1巻を読むことが前提のような気がします(当たり前か)。どうせなら1巻も新装丁で発売し直した方がいいと思います!それか、2巻を田倉さんの挿絵いれて普通のコバルトで出し直そう!(懇願)

☆あらすじ☆
時は大正。銀座の路地裏にある、レンガ造りの洋館。英国伯爵と“魔女”の孫である青い瞳の青年・紫音が営む紫陽花茶房には、ちょっぴりワケありの客人がやって来る。店主特性の魔法茶を饗する真夜中のお茶会が、こんがらがった心の糸を解きほぐしてくれて・・・・・・?男装の麗人の秘めた過去とは?そして、西洋嫌いの頑固な老人の隠された想いとは?心温まる3つの物語を収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紫陽花茶房へようこそ2 夜のお茶会は英国式で

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★☆☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4 (GA文庫)

新章開幕。
ついにレベル2に到達したベルが、中層探索に必要なパーティを結成する話でした。どちらかというと新章の準備回という印象。新キャラといい、神様たちといい、ネーミングセンスって難しいですよねw
それと短編が2つ。特にヘスティアとベルの初期の話がほっこりしました。

☆あらすじ☆
「「「「Lv.2~~~~~~!?」」」」
先のミノタウロス戦での勝利により、Lv.2到達、世界最速兎(レコードホルダー)となったベル。一躍オラリオ中の注目・羨望を集めることとなった少年の元には、仲間への勧誘が絶えない。廻り巡る環境。そんな折――
「俺と契約しないか、ベル・クラネル?」
偶然にも自身の装備《兎鎧》を創った鍛冶師のヴェルフと出会い、仲間を組むことに。しかも、彼は圧倒的な力を誇る《魔剣》唯一の創り手らしいのだが……?
犬人ナァーザ、そして女神ヘスティア、ベルが交わした2つのアナザーエピソードも収録!
これは、少年が歩み、女神が記す、── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4