焦焔の街の英雄少女1


『焦焔の街の英雄少女』(八薙玉造著/MF文庫J)★★★★☆

焦焔の街の英雄少女 (MF文庫J)
焦焔の街の英雄少女 (MF文庫J)

え・・・・・・・・(゜Д゜)

表紙の豆腐メンタルなヒロインは可愛いし、その心を支える幼馴染みの主人公との関係も穏やかでほのぼのしていて良かったです。異世界からやってきた怪獣と少女が戦うという特撮のような作風もとても楽しかったですし、ラストの盛り上がりにかけての王道的な展開も胸が熱くなりました。文句なしに面白い作品だったと思います。

でも、ここで「続く!」と止めてしまうのはヤメテーーー!!
ヒキ方が鬼すぎる!
早く続き出してください!!お願いします!

☆あらすじ☆
焼け落ちた品川の街、逃げまどう人々。別世界から侵入した剋獣――世界の敵に人々は脅かされていた。しかしこの世界には英雄がいる。世界を喰らう剋獣五帝と戦い、討ち果たす者。焔まとう英雄、烈火の剣皇・紅地杏だ。だが彼女には秘密があった。そのメンタルは豆腐で英雄然とした姿は演じているだけ。自分の台詞の恥ずかしさに赤面、後輩の相談に狼狽し半泣き。その真実を幼なじみ・黄塚光義だけが知っている。度重なる戦いでその身を、英雄であろうとすることでその心を、傷つかせていく杏。だが無力な光義ができることは、彼女の平穏な日常を守ってあげることだけで……。
これは世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。

以下、ネタバレありの感想です。未読の方は要注意。

 

舞台は、四海天宮という異世界から剋獣と呼ばれる怪物たちが現れるようになってしまった現代日本。
ゴジ●を思わせるような大怪獣、それに対抗する人間側の組織「特守」や「桔梗」などなど、世界観や作品の雰囲気は特撮を思い出させる感じでとても好みでした。

 

そんな剋獣への有効な対抗手段となっているのが、五龍剣と呼ばれる5つの武器と、それに選ばれた剣皇たちであり、ヒロイン朱地杏は剣皇の一人として日夜人類を守るために剋獣と戦い、「英雄」と呼ばれている少女。
実は豆腐メンタルで自分の言動にすぐ赤面して落ち込む杏。彼女を慰めたり励ましながら心の支えとなっているのが主人公で杏の幼馴染みの黄塚光義です。

 

全体としてみると、剋獣と杏との戦いよりも、日常の中での杏と光義の恋人未満な穏やかな関係性の描写のほうが多かった印象。
特撮的な世界観でありつつ、杏と光義の関係を丁寧に描いているところはとても良かったと思います。世間の英雄に対するイメージを崩さないように泣き言を言いながらも健気に頑張る杏は可愛かったですし、それを見守るしかないことを歯がゆく思いながらも杏の心を守ろうとする光義の優しさも素敵でした。ほのぼの和むカップルだなぁ、と穏やかな気持ちになる二人でした。

 

そして終盤。
強敵である王種〈皇土帝〉タイサイに対して、今までのダメージを蓄積して弱っていた杏が苦戦を強いられるなか、ついに光義が五龍剣の1本である皇土剣に選ばれ、新たな剣皇として参戦することに。
光義の名字から予想がついたことですが、主人公参戦は王道ながらも熱い展開で良かったです。

 

杏を見送るしかないことを悔しがっていた光義が、やっと杏と一緒に戦えると燃え上がって敵を打ち倒したのも良かったです。光義の葛藤を丁寧に描いてきていただけにカタルシスがあって胸が熱くなりました。

 

ここまでは良かったんだよなー

 

なのにどうしてこうなった!?

 

清々しい気持ちで読み終われると思ったのに!
唐突すぎてついて行けなかった!
・・・え?え?ええええ!?って感じでフリーズしちゃいましたよ(((( ;゚д゚)))
ほんとに何が起こったのでしょうか。どうして光義が?杏は大丈夫なのか?
直前まで「腰抜けちゃったねアハハー」て和やかムードだったじゃんか!

 

気になるのはラストのモノローグで光義の一人称が「ボク」から「俺」に変わっていたんですよね。途中でも光義がキレたシーンで「俺」になっていたんですけど、理性が飛んじゃった状態てことでしょうか。皇土剣の副作用とか?

 

いや、原因とかよりも杏の安否のほうが気になるんで、続きは早めにお願いします!

焦焔の街の英雄少女 (MF文庫J)焦焔の街の英雄少女 (MF文庫J)
八薙 玉造,中島 艶爾KADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング : 7787Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。