ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2


『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★★

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2 (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2 (GA文庫)

ダンジョンに「出会い」を求めて冒険者になった少年ベル。
「恋」に出会ったから、次は「仲間」ですね!
ちょっと怪しげなサポーターと行動をともにすることになったのだが・・・というお話。
最後はジーンと感動しました。
そして、ダンジョンものとして本当に面白い!段階を踏みつつ、しかしスピーディーに強くなっていくベルを見ているのはとても楽しいです。

☆あらすじ☆
「初めまして、白髪のお兄さん」
ベルに声をかけてきたのは、自ら“サポーター”を名乗る少女・リリだった。半ば強引にペアを組むことになった少女を不審に思いながらも、順調にダンジョンを攻略していく二人。束の間の仲間。一方で、リリが所属する「ソーマ・ファミリア」には悪い噂が絶えない。その先には、人の心までも奪うとされる“神酒”の存在が―?
「神様、僕は…」「大丈夫、ベル君の異性を見る目は確かなのさ。神のように、きっとね」
これは、少年が歩み、女神が記す、―「眷族の物語」。

以下、ネタバレありの感想です。

 

 

ソロプレイなベルに必須のサポーターを獲得!

 

今回は、突如組むことになったリリと、彼女の背後にある〈ソーマ・ファミリア〉のいざこざに巻き込まれてしまう、というお話でした。

 

リリがいつ裏切ってしまうのかとハラハラして見て、最後の彼女の涙にもらい泣きしそうになりました。まぁ、リリちゃんは思いっきり最初からベルを食い物にしていたわけですが、彼女の境遇を思うと可哀想っていう同情が先立つんですよねぇ。ベルに出会えてほんとによかったね(´;ω;`)
それにしても、ソーマさまゲスすぎるよ・・・・・・

 

リリ絡みのストーリーもとても感動したのですが、ベルの成長のほうをみてもとても面白い巻でした。

 

ついにベルが魔法を獲得!

悪女神のフレイヤさまの愛を一方的にそそがれているベルですが、今回のフレイヤさまの贈り物はモンスターではなくグリモア。この悪女神さまは何を企んでいるのかいまいちよく分からなくて(最終目的だけははっきりしていますが)怖いです。ベルくん逃げて—超逃げてー!

 

あとあと!アイズが今回すっごく可愛かったです!

 

ベルに逃げられてへこんじゃうなんて!まぁ、膝枕までしたのに悲鳴あげて逃げられたら普通にへこみそうですが・・・・・・。正ヒロインの座を賭けてヘスティアとがんがん争ってほしいです!

 

そのヘスティアですが、今回は出番少なめでちょっと寂しかったです。ベルくんとのデートも他の神様たちに邪魔されちゃったしね。1巻末で相思相愛だと思ったのが勘違いとわかってぐぬぬするヘスティアさまが可愛らしすぎてときめくw
3巻では出番がもっと増えるといいなぁ。

 

ああもう、ほんっとに面白いですねこのシリーズ!
どんどん続きを読もう!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2 (GA文庫)
大森 藤ノ,ヤスダ スズヒトSBクリエイティブ株式会社
売り上げランキング : 519Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。