デスニードラウンド ラウンド2

デスニードラウンド ラウンド2 (オーバーラップ文庫)
デスニードラウンド ラウンド2 (オーバーラップ文庫)

評価:★★★☆☆
ぐ、ぐろい・・・そして際どいですね、今回も。
前回で世界観と銃器のあれこれに慣れたので、今回は割とすんなりお話に入っていけました。
マクド○ルドのドナ○ドまんまだった1巻。それに続く2巻でユリたちが対峙するのは警視庁のマスコットキャラクターP君。・・・・・・いやいやまんまじゃないですか、大丈夫なのか(@@;)

☆あらすじ☆
女子高生傭兵VS警視庁 マスコットキャラクターを撃つ!
借金返済のために女子高生傭兵を続けるユリの前に、台湾から美鳳という狙撃手がやってくる。同年代だった美鳳とユリは自然と仲良くなっていき、いつしかユリの学校の先輩・宇佐美玲奈も一緒に遊ぶ関係になっていった。そんなある夜、ユリの携帯に宇佐美から1本の電話が入る。
「ユリ…お願い、助けて。あ、あたし、殺される」
そして銃声と、甲高い子供のような人ならぬ声。はたしてユリは大切な人を守る事ができるのか…? 泥だらけの逃走、迎撃、そして事態は群馬県へ。
現実を生き抜くためにユリが撃つ、今度の敵は――警察だ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デスニードラウンド ラウンド2