悪魔交渉人1 ファウスト機関

『悪魔交渉人 1.ファウスト機関』(栗原ちひろ著/富士見L文庫)★★★☆☆

悪魔交渉人 1.ファウスト機関 (富士見L文庫)
悪魔交渉人 1.ファウスト機関 (富士見L文庫)

6月創刊の富士見L文庫。「オトナになった文学少女に捧ぐ」ということで(あなたが好きなのはどのタイプ?「富士見L文庫」創刊!) 、女性向けメディアワークス文庫的レーベルを目指している様子。
その第1弾ラインナップの先頭にあったのが、この「悪魔交渉人」です。他のラインナップはMW文庫ぽいのにこれだけなんか雰囲気違うくない?と逆に気になった作品です。
内容は、悪魔対策機関に所属する主人公が、彼に執着する悪魔と共に悪魔絡みの怪事件の調査をする、というもの。謎とそれに対する解答はあるのですが、ミステリーではないですね。ミステリー風味のゴシックファンタジーといったところ。
主人公と悪魔の関係が、ドライなのかウェットなのかよくわからない何とも言えない関係で、それが逆に魅力的ではありました。
主人公の過去がややこしく絡んでくるので、前半はかなり読み進めづらかったのですが、終盤は割と面白かったです。「1」とナンバリングされているので続き物前提なのでしょうし、序章としてはこんなものかな、といった感じの話だったと思います。

☆あらすじ☆
横浜の外れに佇む寂れた建物、WMUA・NITTOH美術館。
ここに勤める怠惰な学芸員・鷹栖晶には、もうひとつの顔があった。それは、存在証明不可能生命体―通称・悪魔を視認できる唯一の人間であること。そのため晶は、エジプトで事故死した親友・音井遊江の肉体に憑依した謎の悪魔と不本意ながらコンビを組み、他の悪魔と交渉して彼らにまつわる事件を解決する任務を負っていた。ある日、美術館に持ち込まれた謎の壺の調査を続けるうち、晶と遊江は、『F機関』を巡る陰謀に巻き込まれる―。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 悪魔交渉人1 ファウスト機関

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか1

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(大森藤ノ著/GA文庫)★★★★☆

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)

前々から気になっていた作品だったのですが、思った通り面白かったです!
駆け出し冒険者の少年と、彼を見守る幼女姿の女神さまの物語。ダンジョンものらしく読んでいる間はRPGをプレイしているようなワクワクがあるのはもちろん、甘酸っぱい青春的要素もあるのがいいですね。知ってる名前の神様がぞろぞろ出てくるところなんかも非常に好みな世界観でした。なによりロリ巨乳の女神様が可愛くてたまらなかったです。

☆あらすじ☆
迷宮都市オラリオ―『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。
「よし、ベル君、付いてくるんだ!“ファミリア”入団の儀式をやるぞ!」「はいっ!僕は強くなります!」
どの“ファミリア”にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの真様が果たした運命の出会い。これは、少年が歩み、女神が記す、眷族の物語。
第4回GA文庫大賞、初の大賞受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか1