絶対ナル孤独者1 咀嚼者 The Biter

『絶対ナル孤独者1 —咀嚼者 The Biter—』(川原礫著/電撃文庫)★★★☆☆

絶対ナル孤独者 (1) ―咀嚼者 The Biter― (電撃文庫)
絶対ナル孤独者 (1) ―咀嚼者 The Biter― (電撃文庫)

そういえばSAOは3巻まで買って本棚に飾られたままです・・・あれも早く読まなきゃ。
その著者の新作。異能バトルものです。
過去のトラウマから「孤独」を求め、他人の記憶に残ることも、自分の記憶に刻み込まれることすらも怯える少年が、宇宙から降ってきた謎の何かによって異能に目覚め、事件に巻き込まれるというある意味王道ともいえる物語。面白かったです。

☆あらすじ☆
二〇一九年八月。地球上の、いくつかの都市部に、人類が初めて接触する地球外有機生命体が複数落下した。のちに《サードアイ》と呼ばれるその球体は、接触した人間たちに、現代科学では解明できない《力》を与えた。ある者には、音さえ追い越す《速さ》を。ある者には、鋼さえ断ち切る《刃》を。そしてある者には、万物を噛み千切る《歯》を。
十七歳の少年、空木ミノルもその中の一人だった。彼がただ一つ望み、そして得た能力。それは《孤独》。絶対的な孤独を実現するその≪力≫は、しかしミノルを望まぬ戦いに巻き込んでいく。平凡だが平穏な義姉との暮らし。そのひとときが壊されるとき、ミノルは絶対なる≪孤独者(アイソレータ)≫として覚醒する――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対ナル孤独者1 咀嚼者 The Biter