斯くして歌姫はかたる1

『斯くして歌姫はかたる』(朝前みちる著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

斯くして歌姫はかたる (ビーズログ文庫)
斯くして歌姫はかたる (ビーズログ文庫)

なかなか良かったです。
2巻表紙のイイ笑顔の男性キャラに心を奪われて気になったので、読みそびれていた1巻を読んでみました。
魔物に歌声を奪われ音痴になってしまった歌姫が主人公。思いっきり高飛車キャラですが、彼女の誇り高さと反骨精神、努力を惜しまない姿勢は嫌いじゃないです。むしろ好印象でした。
ストーリーそのものも悪くなかったです。少しラストの急展開な感じが微妙でしたが、新人賞受賞作品だし、荒削りな感じは許容範囲です。2巻も楽しみ。

☆あらすじ☆
歌で自然を操り魔物から人々を護る“楽師”。中でもエルネスティーヌは誉れ高き“歌姫”として君臨していた。しかしある日、魔物に歌声を奪われてしまった上に反逆の疑いをかけられた彼女は、事件解決まで聖フィデール楽院に身を隠すことに!なのに、超堅物優等生のオリヴィエに「音痴は今すぐ退楽しろ」と脅されて―!?
不協和音が奇跡を起こす?第15回えんため大賞特別賞受賞作登場!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 斯くして歌姫はかたる1