吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる1

『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる1』(野村美月著/ファミ通文庫)★★★★★

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(1) (ファミ通文庫)
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(1) (ファミ通文庫)

少なくとも1巻は吸血鬼モノというよりも演劇モノですね。
吸血鬼になったものの普通の高校生として過ごしていた主人公が、ひょんなことから演劇部のお芝居に出演することになってしまう、というお話。
青春小説としてとても面白かったです。本当に素晴らしかった!
吸血鬼となってしまったことへ苦悩や、吸血鬼が吸血鬼を演じるということへの葛藤など、主人公の心の動きがとても丁寧に描かれていた印象。
そして彼を支える先輩との関係がとても魅力的でした。ふたりの関係を劇中劇に落とし込んで昇華させたところも良かったですし。
まだまだ序章ではあるはずなのにこの素晴らしさ。とても先の展開が楽しみな作品でした。

☆あらすじ☆
バスケの強豪校で練習に打ち込んでいた詩也。けれどある日、彼は人ではないものになってしまった…。人を遥かに超える身体能力を得たため、バスケも続けられず転校したその先で、詩也はマリア様を思わせる綺麗な先輩に出会い、告げられる。
「わたしと、おつきあいしてください」
―つれていかれた先は演劇部。そこで詩也は、何と先輩のパートナーとしてドラキュラを演じることになってしまい…!?
ドラマティック青春ノベル、ここに開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる1