壊滅騎士団と捕らわれの乙女1


『壊滅騎士団と捕らわれの乙女』(伊月十和著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)
壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)

やたらテンションの高いラブコメでした。ラブコメといってもラブは薄め?
ヒーローはヒロイン大好きなんですが素直じゃないんで絶対にそれを認めようとしません。
想いが暴走した行動でバレバレなんですが、その行動自体がとてもシュールでした。
絵が綺麗なだけにシュールさが際立ってる・・・・・・。

☆あらすじ☆
田舎貴族の娘フィーリアは、姉を捜しに王都へ来た途端に牢屋へ!?その窮地を救ってくれたのは、黒十字騎士団の団長で幼馴染みのヴィンセント王子だった。意地悪な彼に助けられても嬉しくないと思っていたけれど、姉捜しを手伝ってくれるヴィンセントを見直すことに。ところがある日、彼の異常な本性を知ってしまい―。私が誘拐されたからって、犯人全員始末してやるってどういうこと!?
一途すぎる王子の大迷惑な溺愛ラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

 

駆け落ちしてしまい行方がわからない姉を探して王都にやってきた田舎貴族の娘フィーリア
早々に窮地に陥った彼女を助けたのが幼なじみの王子様ヴィンセントでした。

 

テンション高いなぁー、と読んでる間ずっと思うような作品でした。
フィーリアのテンションも高いけど、そこまで喋らないヴィンセントの行動のテンションが一番高かったかもしれません
特に第一王子の宮殿に攫われたフィーリアを救出しにいったシーンとか、挿絵もあわせてシュールさがやばかったです。変な笑いでました。

 

ヴィンセントは結局最後までフィーリアへの想いを認めませんでしたが(行動でまるわかりだとしても)、そんなヒーローを「はいはい分かってるから」的な感じでいなしちゃうフィーリアは少女小説のヒロインらしからぬ態度だったように思えました。
可愛くない!新しいけど可愛くないw

 

テンションの高さで乗り切ったような雰囲気と主役2人の性格が微妙に好みではなかったのですが、とりあえず2巻も買っちゃっているんで、続きは読んでみます。

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)壊滅騎士団と捕らわれの乙女 (一迅社文庫アイリス)
伊月 十和,Ciel一迅社
売り上げランキング : 840Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。