封鬼花伝2 雪花に輝く仮初めの姫

『封鬼花伝 雪花に輝く仮初めの姫』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

封鬼花伝 雪花に輝く仮初めの姫 (角川ビーンズ文庫)
封鬼花伝 雪花に輝く仮初めの姫 (角川ビーンズ文庫)

前後編の前編だったのかな?少し中途半端なところで終わってしまい、もやもや・・・。
シュガーアップル同様、恋愛面はじれじれです。ようやくお互いに相手の存在に気付いたというところ他の作品なら1巻で立つべきスタート地点ですが、焦らしまくった末に大量に糖分を投入してくれる作家さんだと信じているので、ここはおとなしく待機です。
糖分はほぼないのに色気はふんだんなのも相変わらずですね。今回の刀火さんもエロかったです(注・男)。

☆あらすじ☆
「初夜の装い。意外にも、おまえにふさわしい」
上東国の一之御子・刀火の策略で、知らぬまま仮妻として宮入りの儀を済ませてしまった見習い絵師・千樹。彼女は無謀だと知りつつも、正式な仮妻になる事を阻止するために勝負に出る。条件はたった一つ。七度の初夜が終わり本当の仮妻になる前に、刀火のお抱え絵師である主一位絵師になる事!!千樹は己の運命を賭けて絵で勝負する事になり!?
新たなライバルが出現する第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 封鬼花伝2 雪花に輝く仮初めの姫