逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!?


『逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!?』(芹名りせ著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!? (一迅社文庫アイリス)
逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!? (一迅社文庫アイリス)

勢いがあった。コレに尽きると思います。
結婚式に乱入してきた謎の男と突然逃避行をすることになってしまったヒロインの受難を描く作品なのですが、このヒロインがとても危うい。この子、絶対DV被害者になるタイプだわ・・・と戦々恐々としてしまいました。
ちなみに糖分はほぼなかったです。
そして黒王子は割とガチで黒いです。
ヒロインがヒーローに惹かれていく描写をみながら「逃げてーーーっ!!!(((( ;゚д゚)))」って思ったのは久しぶりでした。

☆あらすじ☆
結婚式に乱入してきた美青年フェルナンと、なりゆきで駆け落ちすることになったアンリエッタ。おまけに彼は王宮騎士の追っ手付き。どんな凶悪犯かと思いきや、指名手配されたのは自分のほう!!罪状は王子を誑かした悪女が転じて『誘拐罪』。って、あんた王子なの?人捜しを手伝えば誤解を解いてやると傲慢な彼に憤慨するも、このままでは街すら歩けない。仕方なく協力したら、拘束どころか命の危機もあって!?
危険な逃走劇、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

助走ほぼなしでスタートからトップスピードに入っているかのような作品でした。
あれよあれよという間にヒロインである花嫁アンリエッタが黒王子フェルナンと逃避行に突入していました。
あっという間過ぎて一瞬置いて行かれてしまった・・・・・・。

 

フェルナンがなぜ騎士団から逃げているのか、彼の目的は何なのか。

というのがこの作品の本筋なわけですが、そこらへんの展開はぽんぽんと早く進む割には分かりやすく読みやすかったと思います。なんだか休む間もなく読んでいたような気がします。
この本筋のお話自体は王宮内窃盗犯の捜索を秘密裏にやりたい、というのが真相でそれはまぁいいのですが、良くないのはヒロイン(笑)

 

絶叫娘で元気いっぱいで可愛かったけれど、男の趣味は大丈夫か!?と心配になってしまうんですよね・・・・・・。

アンリエッタは髪を切りたくないと思ってしまったがためにフェルナンについていき、結果、脅されながら最後まで行動を共にすることになるのですが、フェルナンのアンリエッタに対する扱いは割とガチでひどい。
かなり平気でアンリエッタを窮地に放り込むんです。近くで見ていたから危なくなったら助けることはできた!とか言ってるんですが、初対面の女の子にそんなことするって・・・・・・。
黒さ隠さないし言葉も少ない上に、フェルナンサイドのモノローグがないせいで何を考えてるのか今いちわからないのが恐怖を煽る。

 

まぁそれもミステリアスで危険な男、ということにしましょう。

 

ダメなのは、こういうのにときめいちゃうアンリエッタ!
ほんとに危険な目にあってるし、彼女自身もそれに憤ってフェルナンに詰め寄るんですが、フェルナンがちょっと心配して微糖なセリフをぽろりとこぼすだけで、全部うやむやにしてときめいてしまうまさにチョロイン
おおう・・・・・・これはまずい。作中の彼女の言動、私の友人のDV被害にあってた女の子とそっくりなんですが。
彼はひどいこともするし何考えてるかわからないけど、ほんとは優しいの!って。
帰っておいで・・・・・・っ!

 

フェルナンのヒーロー的要素が私にはあまりわからなかったため、なぜアンリエッタが彼に惹かれていくのか理解できなかったのも大きいかもしれません。面食いなのか。面食いなんだろうな。

 

うーん。アンリエッタの先行きが不安だし、もうちょっとフェルナンのキャラクターを掘り下げてほしいので続編希望で!
次はフェルナンとの結婚式から逃亡しよう!死にものぐるいで逃げて!

逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!? (一迅社文庫アイリス)逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!? (一迅社文庫アイリス)
芹名 りせ一迅社
売り上げランキング : 1127Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。