魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心


『魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心』(天原ちづる著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心 (一迅社文庫アイリス)
魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心 (一迅社文庫アイリス)

魔獣化してしまう呪いを持ったヒーローを、ヒロインが盛大にもふってオトすお話、だったのかな(すっとぼけ)
わんこ時々オオカミなヒーローがとても素敵でした。便利だし。
それにしても最近ヒロイン担ぐ系ヒーローが流行ってるのでしょうか? なぜかよく見る。
しかも大体お姫様だっこじゃないんですよね。なぜ・・・・・・
ちょっと中だるみする部分があったものの、全体的に面白かったです。
綺麗に終わったけど、続きは出そうと思えば出せる感じかな。

☆あらすじ☆
偶然、呪われた英雄ヴァンと出会ってしまった魔術師の少女エステルは、激しく後悔していた。なぜなら彼女が働く商会の長は、珍しいモノが好きで、希少な存在を見逃すはずがないからだ!案の定、彼を雇うから面倒を見ろと押し付けられてしまった。呪いのせいで、物を壊してしまう彼の後始末に奔走するエステルは、もうへとへと。そのうえ、王都を追われた第三王子の王位継承争いに巻き込まれて、ヴァンが魔獣に変身してしまい!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

莫大な借金を背負った勤労少女エステルと、成り行きで彼女の部下になった呪われた英雄ヴァン
この作品は、エステルとヴァンが雇い主ジェイクの命を受けて、カミーユ王子を王位継承争いで勝たせるために奔走する、というお話です。

 

魔獣化する呪いを受けるヒーローが登場するとあったので、てっきり彼の呪いを解く話かと思っていたらそんなこともなかったという。
緩和策が出てきたくらいで、ヴァンの呪いの問題は結局解決しなかったのは残念。
でも魔獣化してもヴァンの意識が残ったままっていうのはいいですね。なんかほのぼのしました。
エステルの膝をぽふぽふ叩くシーンとか。よくわからんが萌える。

 

ヴァンはエステルに対する好意の示し方も真っ直ぐで印象が良かったです。
普段しょんぼり多めのわんこキャラなのに、エステルに異性としてみられてないと思ってオオカミ化するところとかいいです!うん!
エステルも割と素直に恋心自覚して、ラストはあるべきところに落ち着いた感じで収まりよく終わった感じ。

 

ただ、途中ちょっと中だるみな雰囲気があったのは気になりました。
虹水草を取りに行く場面とか、読み終わってしまえばエステルが宝剣の模造品を作るために必要な材料だったって分かるんですけど、読んでるときはちょっと退屈に感じたので。
いや、汽車の旅でふたりが距離を縮める重要な場面なのはわかってるんですけどね・・・・・・。

そういえば、エステルが宝剣の模造品を作っていたことは伏線的に出していた割に、回収の仕方が少し雑なような気がするんですが、ツッコミが細かいかな・・・?

 

まぁ、不満点はそんなもので、全体的にみれば面白い作品だったと思います。
キャラも良かったですし。エステルとヴァンの距離感ゼロな関係はニヤニヤできて、ジェイクはおかまたくましいし、弟ルイスはシスコンだし、カミーユは腹黒だし、といった感じで楽しかったです。

王位継承問題もエステルの借金関係の事情も綺麗にまとめたし、残るはヴァンの呪いくらいですが、 続き出るかなぁー?
ヴァンの呪いを解くためにエステルとふたりで世界各地を巡る、っていう話になるのも面白そうです。

魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心 (一迅社文庫アイリス)魔術師の紅き獣 無茶ぶり仕事にご用心 (一迅社文庫アイリス)
天原 ちづる一迅社
売り上げランキング : 23191Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。