封鬼花伝1 暁に咲く燐の絵師

『封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師 (角川ビーンズ文庫)
封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師 (角川ビーンズ文庫)

「シュガーアップル・フェアリーテイル」の三川みりさんによる和風ファンタジー。
今回は元お姫様が主人公ですが、あくまで絵師という職人さんの立場で動いているので前作の換骨奪胎といった印象が強かったです。
ですが、話の起承転結はわかりやすいし、ヒロインの隠された秘密が明かされていく後半以降は前のめりになって読み切ってしまうくらい面白かったです。「成る絵」という要素も面白いですし、これからの展開に期待したい作品でした。

☆あらすじ☆
凄絶な美貌の第一皇子・刀火から、国を滅ぼす「絵」を封じるよう命じられた千樹。貴族が大嫌いで相性最悪の二人だったが、千樹は刀火の中に国を滅ぼす「魔王の種」が抱かれている事を知る!!それはかつて千樹の国を滅ぼした物で―!?
己の命運に「勝つ」ために、二人は過酷な試練に立ち向かう!!
三川みり×由羅カイリが放つ王道和風ファンタジー、登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 封鬼花伝1 暁に咲く燐の絵師