双界幻幽伝11 皇宮は暗中飛躍!


『双界幻幽伝 皇宮は暗中飛躍!』(木村千世著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

双界幻幽伝 皇宮は暗中飛躍! (ビーズログ文庫)
双界幻幽伝 皇宮は暗中飛躍! (ビーズログ文庫)

前から糖度の高さが素晴らしいシリーズではあったけど・・・なんか今回の甘さはやばかったです。
こいつら末永く爆発したらいいんじゃないでしょうかね!
もはや上司すら公認するいちゃいちゃぶり。やばい。腕枕やばい。

☆あらすじ☆
引きこもり公主、まさかのヤル気お手伝い!?皇帝陛下が襲われた!!おまけにそのまま意識をなくしてしまい、皇宮は大混乱。元黄巾賊の師匠のもとで修行中(!?)の半人前道士ではあるが、とにもかくにも人手不足!の状況から朧月も犯人探しに駆り出されることに……って、果たして引きこもり朧月にそんな行動的なことが?もちろん蒼刻のお助け(という名のいちゃいちゃ)も盛りだくさんの、中華ファンタジー第10弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

 

皇帝陛下の暗殺未遂事件はキョンシーによるものだった。
ということで、捜査に駆り出されることになった朧月と蒼刻。

 

彼らに指令を出す人間ということで、ここにきてやっと双璧が登場しました。
夜淑と晨友。なかなかの腹黒キャラでした。
ラストの晨友と煌言のやりとりが気になります。何の実験をしてるんでしょう。

何はともあれ今回は腕枕が素晴らしかった。これに限ります。
腕枕って朧月がやるのかよ!と思ってたら・・・・・・あれ、腕枕じゃないです。ハグです。ハグした添い寝です。挿絵もやばい。やばい。

 

朧月と蒼刻が四六時中いちゃいちゃしていたせいで本筋の話に集中できませんでした。
まぁ、事件の謎解決してないしな。
次回から本題に入るんじゃないんでしょうか。ずっとほのめかされてきた星彩の正体も明かされそうですし。

 

あと、本編後に短編が入ってました。肉球三国志のほうが気になる・・・・・・。
いつでもどこでも隙あらばいちゃいちゃしまくる主役カップルはもはや爆発してしまえば良いと思いました。

双界幻幽伝 皇宮は暗中飛躍! (ビーズログ文庫)双界幻幽伝 皇宮は暗中飛躍! (ビーズログ文庫)
木村千世,くまの柚子KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング : 303Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。