シンデレラ伯爵家の靴箱館1 恋する乙女は雨を待つ

『シンデレラ伯爵家の靴箱館 恋する乙女は雨を待つ』(仲村つばき著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

シンデレラ伯爵家の靴箱館 恋する乙女は雨を待つ (ビーズログ文庫)
シンデレラ伯爵家の靴箱館 恋する乙女は雨を待つ (ビーズログ文庫)

いかにも序章といった感じの新作。
天涯孤独で引っ込み思案のヒロインと、どこかズレた方向に一生懸命になっちゃうヒーロー。そんな二人のやりとりが楽しかったです。
靴にまつわる設定はなかなか面白そうなのですが、今回は紹介だけで終わってしまった印象です。ちょっと展開が読めすぎて意外性に欠けるところがあったのは残念。ただ、「シンデレラ」や「赤い靴」といった有名な童話を取り入れる作品は好きなので、ぜひ応援したいです。次巻以降の展開に期待します。

☆あらすじ☆
新米靴職人&強引令息(オーナー)で贈る、靴にまつわる恋物語!
シンデレラの末裔であるディセント伯爵家は、いわくつきの靴を蒐集している――そんな噂を聞いたエデルは、ひとりでに動く母の遺品“赤い靴”を鑑定してもらおうと、次期当主・アランの元を訪ねた。だが、彼が告げたのは……驚くべきシンデレラの真実!! 靴を取り上げられたエデルは母の死の真相を知るため、極度な人見知りにもかかわらず、アランの経営する靴店『ガラスドーム』で働くことにするが!?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む シンデレラ伯爵家の靴箱館1 恋する乙女は雨を待つ