棺姫のチャイカ3


『棺姫のチャイカⅢ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)

今回は仲間たちの絆を深める回、だそうです。
途中で出てきたトールとチャイカのうふふにびっくりしてしまいましたw
私、ちょろい!(意訳:見事に引っかかったぜ!)

☆あらすじ☆
「胸っ!?増量!?」「何を置いても先ずそれかよ!?」「豊胸。秘訣。是非教授」
俺、トール・アキュラは思わずチャイカを振り返って突っ込み、でもってまた慌てて視線を逸らした。胸がどうとか、全く自分の周りの女共はどうして揃いも揃って慎みってものがないのか―。
チャイカの“捜し物”を求めて旅する俺たちは、温泉で休息に浸っていたが、またも正体不明の少年・ギイと遭い、“捜し物”をもつと思しき『皇帝殺しの英雄』の情報を得る。それで英雄シモン・スカニアがいるという『還らずの谷』へ赴いた俺たちは、ジレット隊と正面衝突することになり、崖から落ちてしまう―。

内容は三人称なのに、あらすじは一人称なのか。以下、ネタバレありの感想です。

 

 

フレドリカが思ったより仲間っぽくなっていて良い感じです。
彼女がいると会話に広がりがでるから楽しくなりますね(まとまりはつかないが)

 

あらすじのジレット隊。トールたちとの対峙が一瞬だったのは意外でした。というか、彼らの扱いがもう一組の主人公パーティーぽいのは、そういう立ち位置でいくってことなんでしょうか。ライバルというよりはもうひとりの主人公ってこと?

 

今回の遺体集めの舞台は『還らずの谷』
シモンは「信じること」を憎んでいたのか、それとももう一度信じたかったのか。
自分が裏切り、相手に裏切られ、裏切りのループにあったシモンに、せめてトールの言葉が届いていたらいいですね。

 

今回のテーマは「絆を深めること」にあったらしく、そのものずばり信じるとは何ぞや、というお話になっています。信じることはいつだって一方通行。うーん確かになぁ。信じ合うっていうのだって結局は交わらないベクトルが向き合ってるだけなんですよね。
自分の信頼が相手に届いているかわからない、ていうのは深く考えるともやもやしてしまうことなのであまり考えません。でも、「トール達に信じて貰った自分を、信じないとね」というチャイカの決意は潔くて好きです。チャイカは北方言語で普通にしゃべると一気に大人っぽくなりますね。

 

それにしても、シモンの罠でチャイカとトールのうふふシーンが出てきたときはびっくりしました。電子書籍だけに巻数飛ばしがリアルにありえるので間違えて8巻とかその辺読んだのかと思ってしまいました。あと、ふたりのいちゃいちゃが妙に色っぽくてドキドキでしたw

棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)
榊 一郎,なまにくATKKADOKAWA / 富士見書房
売り上げランキング : 364

Amazonで詳しく見る

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。