棺姫のチャイカ3

『棺姫のチャイカⅢ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカIII: 3 (富士見ファンタジア文庫)

今回は仲間たちの絆を深める回、だそうです。
途中で出てきたトールとチャイカのうふふにびっくりしてしまいましたw
私、ちょろい!(意訳:見事に引っかかったぜ!)

☆あらすじ☆
「胸っ!?増量!?」「何を置いても先ずそれかよ!?」「豊胸。秘訣。是非教授」
俺、トール・アキュラは思わずチャイカを振り返って突っ込み、でもってまた慌てて視線を逸らした。胸がどうとか、全く自分の周りの女共はどうして揃いも揃って慎みってものがないのか―。
チャイカの“捜し物”を求めて旅する俺たちは、温泉で休息に浸っていたが、またも正体不明の少年・ギイと遭い、“捜し物”をもつと思しき『皇帝殺しの英雄』の情報を得る。それで英雄シモン・スカニアがいるという『還らずの谷』へ赴いた俺たちは、ジレット隊と正面衝突することになり、崖から落ちてしまう―。

内容は三人称なのに、あらすじは一人称なのか。以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 棺姫のチャイカ3

乙女☆コレクション4 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ

『乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★☆☆

乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)
乙女・コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ (コバルト文庫)

貫主さまキターーーーッ!
予想通りのような予想外のような性格でした。 うーん、結人のライバルになれるのかはちょっと微妙なところかな?
巻を重ねるごとにキャラが濃くなっていく眼鏡執事が楽しすぎます。
あと、最近気づいたんですが、このシリーズは一昔前の少女小説というよりは、「はいからさんが通る」とかの時代の少女漫画のほうが近いです。びっくりしたときに片目に星が入っちゃう感じの。

☆あらすじ☆
柊スズメは、昼は女学生、夜は怪盗レディ・キャンディ。婚約者の結人さんは、レディ・キャンディを追う帝国陸軍少尉。もちろんスズメのお役目のことは知らない。ひょんなことからスズメは、レディ・キャンディの主君筋である貫主さまの護衛として、旧将軍家の忘年会に出席することになった。ところが、そこに警備として結人さんも来ていてーーー
レディ・キャンディ最大のピンチ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 乙女☆コレクション4 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ