ノーゲーム・ノーライフ6

『ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★★★

ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)

まさか1巻とは真逆の評をつけることになるとは。
6巻にして「0巻」。大戦の真実が明らかになる過去編です。どこか既視感のある2人の男女が出てきます。彼らがいかに戦い、どう生きたのかを見事に描き出していて、5巻までの経緯を踏まえて読むととても感慨深いです。
もうほんと、ノゲノラに泣かされるなんて夢にも思わなかったですよ・・・

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―を創った唯一神テトは、エルキアの路地裏で、ひっそりと…空腹で行き倒れていた。いづなの施しで生き存えたテトが語るは、「六千年以上前の物語」―天を割り地を裂いた『大戦』を“ゲーム”と断じ、世界に挑んだ男とその傍らに寄り添った少女。
「―なぁ、またゲームしようぜ…今度こそ、勝ってみせるから、さ…」
記憶にも記録にも遺らない、それでも“僕”だけは忘れない物語―“最も新しき神話”へと至る“最初の神話”―大人気異世界ファンタジー、第6弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ6