ノーゲーム・ノーライフ5


『ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★★☆

ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)

なるほどわからん!だった4巻でしたが、この5巻でちゃんと追加説明されました。なるほど!
海棲種と吸血種の滅亡を防ぎ、女王を目覚めさせるために天翼種に挑む空と白。
今回はジブリールのバックグラウンドを詰めたお話でもありました。
作中に出てくる某ゲーム、以前から気になっていたのですがそんなに酷いのか・・・・・・

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―人類種の王となった地球出身の最強ゲーマー兄妹・空と白は、吸血種と海棲種の『リアル恋愛ゲーム』をかい潜り、真の攻略法を暴くべく向かうは天翼種の故郷、空中都市『アヴァント・ヘイム』!だが序列第六位、狂瀾怒涛の“神殺しの種族”が一筋縄で行くはずもなく―?
空と海を制し、比翼のゲーマーは三種族一挙制覇へその手を届かせるか!?
「俺TUEEEでゲームして一回負けたらクソゲ認定?“俺YOEEE”からやり直せ!」
大人気異世界ファンタジー、嘘と騙りと陰謀の入り乱れる大連戦の第5弾!! 

以下、ネタバレありの感想です。

 

海棲種の女王を目覚めさせるため、リアル恋愛ゲームの攻略法を求めた空と白は天翼種から情報を得るため、「アヴァント・ヘイム」へ向かいます。

 

そこで彼らを待っていたのは天翼種の全翼代理アズリール
行われるゲームの内容は「言葉遊び」を取り入れた「鬼ごっこ」。2巻の具象化しりとりにイメージが近いゲームで、同様にバトル要素が強く、読んでいて迫力もあり面白かったです。

 

ゲームの傍らで行われていたジブリールとアズリールの問答も興味深かった。未知と既知に対する姿勢が同じ種族でここまで違っていたんですね。ジブリールの特異性が浮かび上がった話でもありました。

 

見事ゲームに勝利した空と白。少し躓きはあったものの、何とか女王攻略の糸口を発見します。
まぁ、何じゃそりゃって感じの結末だったわけですがw
こういう緩い展開も嫌いじゃないですw

 

それよりも驚いたのはプラムの性別でした。思いっきり女の子だと思っていました。ボクっこじゃなかったのか・・・・・・
ラストのプラムとのやりとりで、4巻を読んだ後のもやもやもだいぶ晴れてスッキリしました。しかし、レコーダーいらずの白のハイスペックさは、もう人類とよんではいけない気がする。。

 

そんな白ですが。どうも前巻くらいからメインヒロインの座を固めつつあるような気がします。というのも、空の中での白への感情に変化があるような・・・ないような・・・。最初から唯一無二の関係としてある意味完成された兄妹だったわけですし、3巻ではそれを良しとする流れだったのですが。
やはり物語としては彼らの関係にも変化があるほうが面白いですしね。どうなっていくのか期待です。ただね、白は11歳ですよー

 

空たちとは別行動をとっているクラミーたちのほうも面白くなってきています。彼女たちの行動の到着点がまだ見えないけど、楽しみです。

ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)
榎宮祐メディアファクトリー
売り上げランキング : 656Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。