棺姫のチャイカ2

『棺姫のチャイカⅡ』(榊一郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

棺姫のチャイカII (富士見ファンタジア文庫)
棺姫のチャイカII (富士見ファンタジア文庫)

チャイカの精神的な意味での初陣。
人から何かを奪うという行為がどういうことなのかを彼女が学ぶお話でした。
1巻同様、ストーリー展開はとても王道的でわかりやすかったです。

☆あらすじ☆
「全く兄様にも困ったものだ。すぐに婦女子を手込めにしようと」「人聞きの悪い事を言うなっ!」
乱破師トールとその義妹アカリ。そして『棺担ぐ姫君』チャイカ。滅んだガズ帝国皇帝の“遺品”を求めて旅する三人であったが、追われる身でもある彼らにとって、徒歩での移動はあまりにも危険が大きかった。魔法仕掛けの『機車』を求めて、とある街を訪れたトール達の前に、正体不明の少年が現れる。彼はトール達に機車の情報と共に、次なる“遺品”の持ち主、竜騎士ドミニカ・スコダの存在を告げてくるのだが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 棺姫のチャイカ2

ノーゲーム・ノーライフ4

『ノーゲーム・ノーライフ4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★☆☆

ノーゲーム・ノーライフ4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)

新章の序章のような巻でした。次回に続く、ということでこの巻だけでは話が終わりません。
着々と味方を増やしていく空と白。 それでもやはりジブリールが便利すぎる・・・。

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界「ディスボード」―魔法や超能力を駆使する数多の敵を相手に連戦を重ね、なおも無敗を貫く最強ゲーマー兄妹『  』、だがそんな二人にもクリア出来たことがないゲームが、実は“二つ”だけあった…。
東部連合で優雅な休暇を満喫する二人を訪ねてきたのは、吸血種の少女・プラム。種の危機を救うことになった空と白だが、そのゲーム内容はまさしく二人が未クリアのゲームの一つ、「リアル恋愛ゲーム」だった―
青い海を舞台に、咲くか恋の花!今回はラ〜イトに行く、大人気異世界ファンタジーのラ〜〜イトな、第四弾…?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ノーゲーム・ノーライフ4