ノーゲーム・ノーライフ2


『ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★☆☆

ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)

1巻を読んだのは半年前。文章とチェスのノリが自分に合わないと思って、このブログでもかなり酷評していました。たぶん続きは読まないだろうと思っていたのですが、意外にアニメが面白かったので2巻を今更読んでみました。

あれ?面白い・・・(´д`;)
以前にTwitterで、ノゲノラは2巻からちゃんと「ゲーム」をしているというリプをいただいたことがあるのですが、まさにその通りでした。今回のゲームは分かりやすくて面白かったです。
私みたいにノゲノラを1巻で放り投げてしまった人は、騙されるつもりで2巻までは試してみることをオススメします。

・・・・・・もっとも、文章はやっぱり気になりますけど。

☆あらすじ☆
ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。“神”を名乗る少年に“ゲームで全てが決まる世界”に召喚された二人は、またたく間に人類種の王座につき、異界の知識で内政を固め次の獲物を狙っていた。『東部連合』―世界第三位の大国。獣人種…つまり獣耳少女の国。「よしそれだその楽園は俺のもんだ獣耳っ子達を征服しに行くぞッ!今!なう!」「心が読める相手にどうやってゲームする気ですのよ!落ち着きなさいな!!」ついに異種族とゲーム開始―。
“最も新しき神話”の人気ファンタジー第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

 

1巻を読んでから時間がたっていたものの、アニメを見ているので問題なく2巻に入ることができました。
それにしてもこの作品の文体はやっぱり苦手で、いまいち物語に集中できないことは否めません。クセの強いぶつ切りな文章も、言ってみれば作者の持ち味なのかもしれません。でも苦手だ・・・・・・

 

ただ、それを差し引いても今回のお話は面白かったです。
人類種のリベンジ第一弾として空が選んだ獣人種攻略。それに必要な「知識」を手に入れるため、空たちは図書館を陣取る天翼種ジブリールの獲得に動きます。

 

対ジブリール戦で行われた具象化しりとりは、しりとりのルールにバトル要素を盛り込んでいて、読んでいてとても面白かったです。しりとりという分かりやすくて身近なゲームだったのも良かったw
前回のチェスと違って、ちゃんとこちらの理解できる範疇で「ゲーム」をしてくれていたことでイメージもしやすかったですしね。水爆から始まる一連の策略を全部明かされるシーンは痛快でした。そうそう!こういうのを期待してこのシリーズに手を出したんだよ!

 

無事ジブリール獲得に成功し、いよいよ本格的に獣人種攻略に乗り出す空たち。
大使館で派手に喧嘩をふっかけ、さぁ次は獣人種戦だ!というところで突然の空の消失で2巻は終わってしまいます。
空と白は離れてしまうとお互いに恐慌状態に陥るという設定から、いずれ引き離されるだろうとは思っていたのですが、予想以上に早かったですね。しかもほんとに唐突w

 

白の記憶以外に存在の痕跡を消してしまった空はどこに行ってしまったのか。

 

獣人種編は後編に続く、ということで早めに3巻も読もうと思います。この苦手な文体も読んでいるうちに慣れてくるでしょ。たぶん。

ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)
榎宮 祐メディアファクトリー
売り上げランキング : 282Amazonで詳しく見る
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。