ノーゲーム・ノーライフ2

『ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★☆☆

ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)

1巻を読んだのは半年前。文章とチェスのノリが自分に合わないと思って、このブログでもかなり酷評していました。たぶん続きは読まないだろうと思っていたのですが、意外にアニメが面白かったので2巻を今更読んでみました。

あれ?面白い・・・(´д`;)
以前にTwitterで、ノゲノラは2巻からちゃんと「ゲーム」をしているというリプをいただいたことがあるのですが、まさにその通りでした。今回のゲームは分かりやすくて面白かったです。
私みたいにノゲノラを1巻で放り投げてしまった人は、騙されるつもりで2巻までは試してみることをオススメします。

・・・・・・もっとも、文章はやっぱり気になりますけど。

☆あらすじ☆
ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。“神”を名乗る少年に“ゲームで全てが決まる世界”に召喚された二人は、またたく間に人類種の王座につき、異界の知識で内政を固め次の獲物を狙っていた。『東部連合』―世界第三位の大国。獣人種…つまり獣耳少女の国。「よしそれだその楽園は俺のもんだ獣耳っ子達を征服しに行くぞッ!今!なう!」「心が読める相手にどうやってゲームする気ですのよ!落ち着きなさいな!!」ついに異種族とゲーム開始―。
“最も新しき神話”の人気ファンタジー第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ2