八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。

『八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。』(青木祐子著/コバルト文庫)★★★☆☆

八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。 (コバルト文庫 あ 16-47)
八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。 (コバルト文庫 あ 16-47)

ヴィクトリアンミステリー、ということでウキウキと読みました。
中編1本と短編1本という構成で、中編のほうは謎が解き明かされていく過程が少し変則的に感じましたが、面白かったです。
負けん気の強い主人公と彼女の新しい雇い主となった青年貴族のコンビなのですが、この2人の絡みは思ったより少なかったように感じました。
そこは残念だったのですが、お話自体は濃厚な「愛」の形が描かれています。ねっとり。
ちなみに、同著者の「ベリーカルテットの事件簿」の姉妹作品的位置づけのようです。そちらは未読だったものの、問題なく楽しめました。

☆あらすじ☆
【助手求む。内勤・外勤・特殊業務あり。髪は茶色、目は黒が望ましい。クレセント私設事務所 所長 L・C】。
19世紀、ロンドン。とある事情で求職中だった少女マイアは、新聞に載っていた求人広告に応募した。奇妙な理由で採用されたマイアだったが、そこはレヴィン・クレセントと名乗る、黒髪碧眼の美青年貴族が経営する謎めいた探偵事務所で・・・・・・?ヴィクトリアン・ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。